ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

1年生、2年生、みんなの教室の様子──今日は授業参観(その1)

4月14日(土)の午後は、玉川小学校は授業参観と学級懇談会、PTA総会です。

1年生は、国語の授業です。家族の人たちが来るのがうれしくて、教室の後ろをときどき振り返る子がたくさんいました。

2年生も、国語の授業です。小グループになって、詩を一緒に読む群読活動に取り組んでいました。

みんなの教室は子どもたち、先生、保護者が合同して自立活動の授業です。テーマは「進級おめでとうの会」の活動です。校長先生も招待されたので、お祝いの挨拶をしてきました。

大勢の保護者のみなさまが来校しています。ありがとうございました。

※一部の写真には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

午後の授業参観まであと少し

4月14日(土)、玉川小では子どもたちの声があちこちから聞こえてきます。いつも通りに登校し、午前中は授業、午後は授業参観と学級懇談会、PTA総会が予定されています。

午前中に各学級をのぞいてみると、教科の授業、作品づくり、音読の練習、テレビやインターネットを活用した授業、読書、午後の活動のリハーサルなど、いろいろな場面が見られました。

子どもたちは落ち着いていますが、よく見てみると、午後の授業参観を楽しみにしているようです。

※写真には加工しました。
画像1

安全を守るモノはヘルメット以外に?──避難訓練での校長の話

画像1
校長の高澤です。「自分の安全は自分で──避難訓練実施」で紹介しましたが、4月13日(金)、玉川小学校では避難訓練を実施しました。その際には、校長として次の話をしました。

You are very good! みなさん、とてもきちんとした避難の様子でした。えらいですね。

さて、避難するときに一番大事なものはこれです。(「じぶんの あんぜん」の文字を示しました。何人かの子どもたちは大きな声で読み上げました) そう、自分の安全です。

そのためには今日は何を使いましたか。(「ヘルメット!」という声) そうです。ヘルメットや防災頭巾を使って、みなさんは自分の安全を守っています。

では、(不審者のイラストを示しながら)こんな不審者から自分の安全を守るためには何がありますか。(「防犯ブザー」の声) そうです、防災ブザーです。そして、集団下校です。みなさん、防犯ブザーはつけていますか。(1年生からは「つけています!」の声) よかった、着けていますね。着けていない人は家族の人と相談してみましょう。

では、これは何のためでしょうか(自転車のヘルメットを示す)。(「自転車」との声) そうです、自転車用のヘルメットです。自転車に乗る人はかぶっていますか。実は、去年、厚木市内では1か月に何件も自転車の事故が起こっています。そんなとき、ヘルメットをかぶっていれば大きな事故にはなりません。必ずかぶりましょう。

防犯ブザー、自転車のヘルメット、防災頭巾やヘルメット、自分の安全を守るモノはたくさんあります。これらのものをきちんと使って、自分の安全を守っていきましょう。

自分の安全は自分で──避難訓練実施

4月13日(金)、避難訓練を実施しました。

今回は地震を想定したものでした。校内にサイレンが鳴り響き、「地震が発生しました」の放送が流れると、担任の先生の指示に従って子どもたちは机の下に隠れるなど、まず自分の安全を確保します。そして「地震がおさまりました。校庭に避難してください」の放送を聞いた子どもたちはヘルメットや防災頭巾を身に付けて、先生に引率されて整然と校庭に避難しました。(写真上)

校庭に集まると、担任の先生が一人一人の名前を呼びながら、子どもたちが全員避難したかどうかを確認します。(写真中)

確認した担任の先生は、取りまとめ役の先生に報告します。

子どもたちの避難が確認できたら、校長先生や安全担当の先生からお話がありました。安全担当の先生は、避難のときのキーワード「お・か・し・も・ち」を一文字ずつ大きな文字の紙で説明し、子どもたちはその内容を心に刻んでいました。(写真下)
画像1
画像2
画像3

先生たちは頑張っています

子どもたちが帰ってから、玉小の先生たちは何をしているのでしょうか。

ある日の玉小の職員室では、先生たちがグループになってパソコンの画面を見ながら話し合いをしています。行事の準備について協議しているようです。

また、授業の準備をしたり、プリントの採点をしたり、保護者と連絡をしたり、さまざまな先生の姿が、職員室や教室など校舎のあちこちで見られます。

玉小の先生たちは頑張っています。
画像1

みんなもがんばれ──離任式(その2)

お世話になりました──離任式(その1)」で紹介しましたが、玉川小学校では4月10日に離任式を行いました。

児童代表の言葉に引き続き、児童や地域の人々から花束が離任する先生たちに渡されます。それを受け取った離任者は、思いを込めたメッセージを子どもたちに贈りました。気持ちをこめながら身振り手振りも交えて一緒に歌を歌った先生、ステージから降りてフロアで子どもたちに呼びかけた先生、その姿には「玉小生、がんばれ!」という熱い期待が込められていました。

子どもたちと先生たちは一緒に校歌を歌い、児童会代表が校旗で先導する中、子どもたちの間を通って退場です。

先生方、どうもありがとうございました。

ご参加くださいました保護者のみなさま、地域のみなさま、どうもありがとうございました。

(写真上中:離任する先生たちの挨拶 下:退場する先生たち)
※一部の写真には加工を施しました
画像1
画像2
画像3

お世話になりました──離任式(その1)

4月5日には新しい先生たちを迎えた玉川小ですが、4月10日(火)には離任式を行いました。

当日は二人の先生方に子どもたちはお別れを言いました。

体育館で子どもたちや保護者、地域の人々が待ち受ける中、離任する先生が入場し、ステージに上がります。

校長やPTA会長、そして児童の代表が離任する二人に感謝の言葉を述べました。会場は静まり返っていました。

(写真上:校長の言葉 下:児童代表の言葉)
画像1
画像2

掃除は下級生と一緒に

玉川小学校の掃除は、清掃場所ごとに上級生と下級生が一緒になって「縦割り」で行っています。その「縦割り清掃」が4月11日から始まりました。

初日の今日は、清掃場所ごとにメンバーが集まって、担当の先生と一緒に掃除のやり方を確認しました。

そしていよいよ清掃開始です。あちこちで上級生が下級生に掃除の仕方を教え、そしてみんな一緒に汗を流す姿が見られました。

上級生は下級生の見本となるのがうれしく、下級生は上級生を「すごいな」と思う、そんな風景でした。

※写真には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

登下校は安全に──下校訓練

4月9日(月)、下校訓練を行いました。

各学級で帰りの会を終えた玉小生は、全員が体育館に集まりました。

校長先生や安全担当の先生が話をしましたが、交通事故防止や不審者対策などが取り上げられました。

そして、登校班ごとに集まった子どもたちは登下校のルールを確認し、それぞれ担当の先生と一緒に集団下校をしました。

快晴のもと、春風が頬をなぜるなかの下校です。
画像1

お知らせは袋に入れよう──1年生の授業

4月6日の授業の一コマです。

1年生は学校から配られるお知らせなどの文書をきちんと袋に入れる練習をしていました。前の席の子どもからプリントが回ってくると「ありがとう」ときちんとお礼を言っていました。そして、プリントを大事そうに透明なビニール袋に入れていました。

※写真には加工を施しました。
画像1
画像2

ものさしは便利──みんなの教室の授業

4月6日の授業の一コマです。この時間のみんなの教室1では、ものさしを使った授業をしていました。

教室の入り口には「祝」「進」「級」「!」の飾りがあります。それをくぐって中に入ると、楽しそうな声が聞こえています。担任の先生と一緒に、あちこちに物差しを当てて長さを図っている子どもの姿が見えました。「あ、校長先生だ!」とうれしそうな挨拶もありました。

新しい1年が始まっています。
画像1

どんな係をつくろうか──2年生の授業

4月6日の授業の一コマです。

2年生は学級の係についての話し合いでした。1年生の時を思い出しながら、どんな係をつくったらいいのか、子どもたちは意見を出し合っていました。進行を務める担任の先生も一生懸命に子どもたちからの提案を黒板に書き、「みんな、いいアイデアだね」と褒めていました。

新しい1年が始まっています。
画像1
画像2

さあ、記念写真を──3年生とみんなの教室2の授業

4月6日の授業の一コマです。「私たちは記念撮影──4年生の授業」で紹介した4年生たちと同様に、3年生とみんなの教室2は、合同で校庭に出て、記念写真を撮る準備をしています。

校庭の枝垂れ桜は満開でした。

新しい1年が始まります。
画像1

私たちは記念撮影──4年生の授業

4月6日の授業の一コマです。4年生は校庭に出て記念撮影の準備をしていました。

新しい担任の先生と一緒に校庭に出て、キャーキャー言いながら並ぼうとしていました。

新しい1年が始まっています。
画像1

漢字は難しいけれどおもしろい──5年生の授業

4月6日の授業の一コマです。5年生は力試しも兼ねて漢字クイズに挑戦していました。

先生の指示に合わせて漢字を空書きしてみたり、先生の質問に手を挙げて答えていました。

新しい1年が始まっています。
画像1
画像2

自己紹介をするぞ!──6年生の授業

4月6日の授業の一コマです。6年生は自己紹介の準備をしていました。

自己紹介用紙を前にした子供たちは、鉛筆を片手に、どんなことを書き込もうかと一生懸命考えていました。先生も、同様に、真剣な顔で考えていました。

新しい1年が始まります。
画像1

「ありがとう」の言葉でヒヨコからニワトリに──入学式 校長のことば

画像1
校長の高澤です。4月5日の入学式で、次のようなお話(抜粋)をしました。1年生全員がお礼を言う練習をしたので、体育館が「ありがとう」で一杯になりました。


Good morning, everyone. Welcome to Tamagawa Elementary School! All of you are 一年生 now.

二十六人の一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

校長先生はみなさんが入学してくることを楽しみに待っていました。わたしだけでなく、全校の先生方、二年生から六年生までのお兄さんお姉さんも楽しみに待っていました。

幼稚園や保育園と違って、小学校は教室も大きく、校庭も広々としています。大きなプールもあります。英語の授業もすこしあります。でも、すぐになれます。

みなさんは小学生です。鳥に例えれば、卵ではありません。この絵です。(ヒヨコのイラストを見せる)これは何ですか。(「ヒヨコ」という答え) そう、ヒヨコです。これから小学校、中学校を経て、これになります。(ニワトリのイラストを見せる)(「ニワトリ」という答え) そう、ニワトリです。

ヒヨコがニワトリになるために、楽しいことをたくさんしましょう。そのためには、いろいろな人にお世話になります。ご家族の人、先生たち、2年生から6年生のお兄さん、お姉さんたち、そして今日ここにお見えになっている地域の人たちです。

たくさんの人たちがみなさんを支えてくれます。助けてくれます。そんなとき、この魔法の言葉を言いましょう。「ありがとう」

では、練習してみましょう。普通の声で「ありがとう」(「ありがとう」という返事) では大きな声、象さんの声で「ありがとう!」(「ありがとう」という大きな声の返事)

すばらしいです。さっそく、今日、家に帰ったら、家族の人に「ありがとう」と言ってみてください。

(以下、略)

1年生も一緒に集団登校しました

4月6日(金)は、新学期になって二日目です。昨日は入学式がありましたので、2〜6年生と1年生は別々に登校しましたが、今日は一緒に登校です。

登校班の班長・副班長は上級生が務め、登校する列の最初と最後を担当します。今朝の様子を見ていると、列の先頭の上級生の後に、1年生も一生懸命に並んでついてきていました。

登校指導していた校長先生が「おはよう」と声をかけると、緊張した声の「おはようございます」が返ってきました。

少しずつ、1年生も玉小生になってきています。

(写真上下:西門に向って歩く子どもたち)
画像1
画像2

1年生、最初のミニ学活

入学式を終えた1年生は教室に入り、最初の学活です。机の上にはいろいろな道具などが置いてあります。

担任の先生のお話をしっかり聞いていた1年生、さすが玉小生です。
画像1
画像2

2年生は優しいお兄さん、お姉さん──入学式(その2)

緊張していた新入生も笑顔で2年生の発表を見ています。入学式では、今年も2年生が玉川小学校の様子を全員で紹介しました。

授業の様子、給食の配膳、上級生と一緒に行う清掃活動、楽しい運動会やうどんづくり、そして運動会や公民館まつりで披露したダンスも発表しました。

「いつでも相談してね」のことばで発表を終えた2年生は、優しいお兄さん、お姉さんでした。新祐世尾はもちろんニコニコです。また、発表を見ていた新入生の保護者や来賓のみなさんも笑顔で一杯でした。

2年生、ありがとう!

(写真上:入場する2年生 中:配膳の説明 下:ダンスの発表)
画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
学校行事
2/8 6年校外学習
2/11 建国記念の日
給食献立
2/6 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
そぼろどんのぐ
とんじる
こぶくろりんご
2/7 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
にくじゃが
だいずとこざかなのいりに
2/8 ミルクパン(こな30g)
ぎゅうにゅう
スパゲティミートソース
フレンチサラダ
2/12 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
プルコギ
わかめスープ

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

指導計画

PTA

学校いじめ基本方針