ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

満開の桜の中、平成29年度から平成30年度に

校長の高澤です。

3月30日、校庭の桜は満開、ウグイスの声も聞こえてきます。校庭でボーとしていると、玉川の自然の良さが体全体に染み込んでくるようです。

この1年間、保護者のみなさんや地域のみなさんと学校が肩を組んで取り組んできたおかげで、子どもたちの笑顔が数多く見られたことを実感しています。

明後日からは新年度が始まります。桜やウグイスも笑顔で4月を迎えることでしょう。家庭や地域のみなさん、ありがとうございました。そして、よろしくお願いします。
画像1
画像2
画像3

校庭の桜の咲き具合は木によってさまざまです

画像1
3月26日(月)、子どもたちは春休みですが、先生たちはもちろん出勤して、今年の締めくくりと来年度の準備を進めています。

校庭に目をやると、桜の花が咲き始めています。もちろん、6〜7分咲きの木もあれば、これから花ひらく木もあり、咲き具合は木によってさまざまです。

早く咲いた木はもしかすると4月5日の始業式・入学式のときには散り始めてしまっているかもしれません。これから咲く木は、式のときに咲き誇っているかもしれません。

いろいろな木があり、それが玉川の良さです。

ありがとうが体育館一杯に響き渡りました──平成30年度修了式 校長のことば

画像1
校長の高澤です。3月23日(金)に体育館で平成30年度修了式を行いました。年度のまとめにあたり、こんな夢と希望を子どもたちに話しました。

Good morning, everyone. Congratulations on one wonderful year of yours! I’m very happy to be with you here in Tamagawa Elementary School.

みなさん、1年間、がんばりましたね。みなさんと初めて会ったのは、昨年の4月5日でした。それから353日が過ぎ、今日を迎えました。体も大きくなり、心もたくましくなりました。

この1年間、いろいろなことがありました。全校で取り組んだのは、たとえば1学期は運動会、2学期は玉フェスなどがあります。英語集会「タマゴリアン」もありました。その他にも、学年で、そして一人一人いろんなことをしてきました。

では、聞いてみましょう。この1年間、楽しかったことや心配したことはありましたか。楽しかったことが圧倒的に多くて、心配したことが少なかったという人は「グー」、楽しかったこともあったけれど、心配したこともあったなという人は「チョキ」、そのほかの場合は「パー」を挙げてみましょう。

ありがとう。グーの人もチョキの人もパーの人もいます。つまり、学校生活は楽しかったこともあれば心配したこともあるんです。ここで大切なことがあります。楽しいことや心配したことを経験したみなさんは、先ほど話したように、体も心もたくましくなりました。つまり、体や心が大きくなるためには楽しいことも心配するようなことも必要なのです。

しかし、できることなら心配することはなるべく減らして、楽しいことをもっともっと増やしたいですね。それを可能にする魔法の言葉があります。特別にみなさんに教えてあげましょう。

Thank you. と I’m sorry. です。「ありがとう」と「ごめんなさい」ですね。この二つの言葉を口に出すだけで、心配が減り、楽しさが増えます。ぜひ、春休み、そして4月から「ありがとう」と「ごめんなさい」をどんどん言ってみましょう。

それでは「ありがとう」の練習です。小さな声と大きな声で言ってみましょう。まずは小さな声で「ありがとう」と言ってみましょう。次は大きな声です。

(子どもたちの「ありがとう」が体育館に満ちあふれました)

ありがとう。みなさんの生活がたくさんの「ありがとう」と「ごめんなさい」で満ちあふれ、楽しいことが数多く生まれることを願っています。4月5日にまた会いましょう。


「ありがとう」と「ごめんなさい」は勇気のことば──卒業式 校長のことば

画像1
校長の高澤です。

卒業生入場!──卒業式その1」などの記事を掲載しましたが、3月20日に卒業証書授与式を開催しました。私にとっても、とても感動的な式でした。

式の中で、校長のことばとして次のようなことを話しましたので紹介します。(学校だより3月号でも抜粋版を掲載しています)

Congratulations on your graduation, all the sixth-graders. I've been very happy to be with you these twelve months. All of you are good Tamasho-sei. Today I'll give you two sets of English words as the presents.

The first one is "thank you." "Thank you" is the first present. The second one is "I'm sorry." "I'm sorry" is the second present.

校庭の桜の蕾も開きはじめ、まさに春の訪れを感じさせるこのよき日に、多数のご来賓の皆様,保護者の方々にご臨席いただき、平成二十九年度厚木市立玉川小学校卒業証書授与式を挙行できますことを、厚く御礼申し上げます。

卒業生の皆さん、卒業おめでとう。みなさんは小学校の六年間、よく学び・よく遊び、たくましく成長しました。特に、この一年間は玉川小学校の最高学年として、常に先頭に立ち、リードしていました。

運動会や、さまざまな学校行事でも、実行委員を中心に規律ある行動をとることができていたことは、大変立派でした。これは、全員が協力し、団結することができた何よりの表れだと思います。ぜひこのことを玉川小学校の伝統として継続していきたいものです。

今、一人一人に卒業証書をお渡ししました。そして、それぞれが将来の夢を語っていました。「夢を持つ」ということはとても大事なことです。そうした夢や希望に満ちて中学校へと巣立っていく皆さんに、卒業にあたり、二つの言葉をおくります。「ありがとう」と「ごめんなさい」です。

夢を持って、それを実現していくためには「勇気」が必要です。「ありがとう」と「ごめんなさい」は、弱虫の言葉ではありません。勇気があるからこそ、言える言葉です。

夢を実現しようと努力してもうまくいかないときがあります。周りの人に助けを求めることも必要でしょう。また、知らず知らずのうちに助けてもらうこともたくさんあるでしょう。私はそんなふうに生きてきました。そんなとき、「ありがとう」というのには勇気が必要です。「自分一人ではうまくいかなかったけれど、あなたの助けがあったから何とかなりました」と自分で認めるのは難しいことです。しかし、そこで勇気を出して「ありがとう」と言いましょう。

また、自分では一生懸命にやっているつもりでも、ときどき失敗して周りの人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。失敗のない人間などはいません。私もたくさん失敗してきました。そんなとき、「ごめんなさい」と言うのには勇気がいります。「ぼくは失敗しちゃったんだ」「あなたに迷惑を掛けちゃった」と自分で認めなくてはなりません。恥ずかしさも感じます。それを乗り越える勇気が必要です。勇気がある人だけが「ごめんなさい」と言うことができます。

たくさんの「ありがとう」と「ごめんなさい」が積み上がり、重なり合って、人と人とのつながりができます。仲間が生まれます。そうすると、あなたの夢が実現に近づくでしょう。

夢を持って、それを実現していくためには「勇気」が必要です。「ありがとう」と「ごめんなさい」は、弱虫の言葉ではありません。勇気があるからこそ、言える言葉です。

実は、それが今の六年生全体の姿です。気が付かないかもしれませんが、みなさんは勇気があります。日頃の何気ない会話に「ありがとう」と「ごめんなさい」が飛び交っているのがその証拠です。

その勇気をポケットに入れて、玉川小を卒業していってください。そして、今日、家に帰ったら、家の人に「ありがとう」を言ってみましょう。

さて最後になりましたが保護者の皆様、六年前、小さな体に大きなランドセルを背負って、入学した子どもたちも見事に成長して、いよいよ卒業の日を迎えました。本当に感慨深いものがあると思います。お子様のご卒業、おめでとうございます。教職員一同、心からお祝い申し上げます。

保護者の皆様、そして地域の皆様から、これまでいただきましたご厚情に深く感謝いたしますとともに、これからも地域の宝である、ここにいる全ての子ども達を見守り支えていただきますようお願い申し上げます。

それでは、卒業生のみなさん、六年間、ほんとうにありがとう。 Thank you.

堂々と退場──卒業式その4

別れの言葉が終わると、全員で校歌を歌いました。6年生が校歌を歌うのはこれが最後です。

そして、閉式の言葉があり、卒業生は退場します。5年生が校旗を掲げ、先頭を歩みます。6年生は胸を張って堂々と退場していきました。参列者たちは拍手で卒業生を送り出していました。

玉川小らしい、しっとりとして温かな、また、厳粛さも兼ね備えた卒業式でした。
画像1
画像2

別れの言葉──卒業式その3

卒業証書授与の後は校長やPTA会長が話し、来賓等や祝電の紹介がありました。

そして、いよいよ卒業生の言葉です。全員がひな壇にのぼり、6年間の思い出や学校への思い、下級生へのメッセ―などを合唱を交えながら発表しました。

参列していた4年生・5年生も、6年生からのメッセージをしっかり受け止めるとともに、感謝の思いを言葉や歌で伝えていました。
画像1
画像2

「12年間ありがとう」──卒業式その2

いよいよ6年生一人一人が卒業証書を受け取ります。学級担任が呼名すると子どもは大きな声で返事をし、演台に登ります(写真上)。

校長から卒業証書を受け取ると、礼をして演台から降り、マイクで家族への感謝や将来の夢を話しました(写真中)。

そして、花束を家族に手渡して(写真下)、6年生は自席に戻りました。

時間がかかりますが、小規模校である玉川小だからこそできる卒業証書授与の流れです。
画像1
画像2
画像3

卒業生入場!──卒業式その1

3月20日(火)、雨の降るしっとりとした雰囲気の中、平成29年度玉川小学校卒業証書授与式を開催しました。当日は多数の保護者や地域の人たちが参加しました。

参加者や学校代表の4年生・5年生の児童の見守る中、6年生37人が厳粛に入場します。教頭先生が開会の言葉を述べ、式が始まりました。


画像1
画像2

6年生の3年後──中学校の卒業式

3月9日(金)、厚木市の中学校では卒業式が行われ、玉川小学校も関係する2つの中学校の式に校長と教頭が参列しました。

どちらの中学校も素晴らしいものでした。厳粛な雰囲気、メリハリのある参加態度、在校生から卒業生への感謝、卒業生の3年間の振り返りと先生・下級生・保護者への感謝、どれをとっても心に響くものでした。

校長も教頭も参加していて、目に熱いものが湧いてきました。それにくわえて「今の6年生もあと3年経つと中学卒業になる。このような立派な姿になるんだ」と実感しました。

3月20日は小学校の卒業式です。中学校の式典とは一味違う、そして同じように心に響く式になります。とても楽しみです。

(写真:卒業証書授与や卒業合唱の様子)
※写真には加工を施しています。
画像1画像2

保育所交流会

画像1
2月下旬に実施した1年生の保育所交流会のお礼のお手紙が完成しました。

子どもたちは交流会を振り返って、お兄さん、お姉さんになったことを感じたり、新しい1年生が入学してくることが楽しみになったりしているようです。

新入生用の教室飾りつくりも頑張っています。

※写真には加工を施しました。

キーボードに初挑戦!──3年生のタブレットPC活用

3月8日(木)の午後、3年生の教室から張り詰めた雰囲気が感じられます。中をのぞくと、子どもたちは緊張して肩をこわばらせながら、机の上のタブレットPCを見ています。今日は、タブレットにつないだキーボードを使って、文字入力の練習です。

今の若者はICTに強いと言われていますが、大学生でもキーボードをうまく使いこなせない人はかなりいます。おそらく、いつもはスマホなどで入力しているので、キーボードに慣れていないのでしょう。

担任の先生の指示に従って、まず、指の基本的な配置〈ホームポジション)を覚えます。「右手の人差し指はJのキー、その横のKには中指、薬指はLに……」などの説明に従って、子どもたちはおっかなびっくりキーボードの上に指を置いていきました。

いよいよ、文字入力が始まります。
画像1
画像2

感謝をこめて、学校をピカピカに──6年生、奉仕作業

玉川小のあちこちがピカピカになりそうです。3月8日(木)の午後、玉小6年生が奉仕作業を校内で実施しました。

あいにくの雨天でしたので、屋外の作業はできません。それだけに屋内の掃除は熱が入っていました。先生たちや庁務用務員さんも加わりながら、天井ファンの羽根やカバーをきれいにしたり、乾式トイレの床の汚れを落としていたりしました。

子どもたちの熱意は雨粒を吹き飛ばすほどです。学校もとてもきれいになりました。ありがとう、6年生のみなさん。
画像1
画像2

卒業式、合同練習

3月8日(木)2校時、体育館で6年生と4・5年生の合同で、卒業式の練習を行いました。

それぞれの学年の席に座り、全体合唱をしたり、別れの言葉を述べたりします。その卒業式が厳粛に行われるように、起立や着席のタイミングを合わせるように何度も練習していました。

体育館の床もきれいに塗り直され、そのうえで行う卒業式は3月20日です。

(写真上:全体合唱 下:6年生の合唱)

画像1
画像2

先輩たち、後輩たちも発表──玉川公民館まつり(その4)

1・2年生、笑顔でダンス──玉川公民館まつり(その1)」「展示でも参加──玉川公民館まつり(その2)」「あちこちで歓声が──玉川公民館まつり(その3)」で紹介したとおり、3月4日に開催された玉川公民館まつりでは多くの玉小生の姿が見られましたが、参加したのは小学生だけではありません。中学生や幼児などもステージに上がりました。

玉川中学校の吹奏楽部のみなさんは、豊かで深みのある演奏を発表し、たくさんの拍手を浴びていました。また、近隣の保育所の年長さんたちもかわいい歌を一生懸命に2曲歌い、大きな拍手が寄せられました。

小学生にとっては、先輩と後輩になります。地域が一つになった玉川公民館まつりです。

※写真には加工を施しました。また、写真の掲載にあたっては該当中学校の承諾を得ています。
画像1

あちこちで歓声が──玉川公民館まつり(その3)

1・2年生、笑顔でダンス──玉川公民館まつり(その1)」「展示でも参加──玉川公民館まつり(その2)」で紹介していますが、3月4日の玉川公民館まつりでは多くの玉小生の姿が見られました。

地域で太鼓を習っている子どもたちは、屋外で太鼓を披露しました。その力強い演奏が会場を流れると、たくさんの人が聞き入っていました。また、青健連をはじめとしたさまざまな人たちがお楽しみコーナーを開設し、あちこちで子どもたちの歓声が聞こえていました。
画像1
画像2

展示でも参加──玉川公民館まつり(その2)

1・2年生、笑顔でダンス──玉川公民館まつり(その1)」で紹介しましたが、3月4日(日)の玉川公民館まつりに玉小生もいろいろな形で参加しました。

小学校のクラブ活動は4〜6年生で取組を進めていますが、玉小「つくるクラブ」も作品を展示しました。また、地域の子ども会も出品していました。

どれも子どもらしい力作なので、見学に来た人たちも笑顔で眺めていました。

(写真上・中:つくるクラブの作品 下:子ども会の展示)
※一部の写真に加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

1・2年生、笑顔でダンス──玉川公民館まつり(その1)

3月4日(日)、晴天の下、玉川公民館まつりか開催され、玉小生もさまざまなかたちで参加しました。

まず、1・2年生の有志が笑顔でダンスを発表しました。昨年5月の運動会で初披露した表現活動ですが、「公民館まつり発表リハーサル──1・2年生の有志」で紹介したように、事前に練習を重ねるなど準備を進めてきました。

4日はいよいよ本番です。大勢の観客を前にステージに整列した1・2年生は最初は緊張していたようです。しかし、音楽が流れると、表情は一転、笑顔になりました。楽しく踊る1・2年生の様子に、観客からも大きな拍手が寄せられました。

(写真上・中:踊る1・2年生 下:熱心に見つめる観客)
※写真には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

学校評議員会、開催

画像1
2月28日(水)の晩、平成29年度第3回学校評議員会を開催しました。

委員6人、玉小教職員5人の11人が出席し、今年度の後半の学校の取組や学校評価、来年度の学校の方針、コミュニティ・スクール開始などについて説明や質疑応答が行われました。

出席者からは「子どもたちは素直だ」「登下校時のあいさつの声がもっと大きくなれば、もっとよくなる」「玉小のHPや学校だよりなどで、子どもたちの姿がよくわかる」などの意見が寄せられ、あっという間に1時間が過ぎました。

評議員のみなさん、どうもありがとうございました。

公民館まつり発表リハーサル──1・2年生の有志

2月28日(水)、昼休みに先生たちに引率されて1・2年生が40〜50人ほど、公民館に移動しました。今週末に予定されている玉川公民館まつりのリハーサルです。

今年も公民館まつりで1・2年生のダンスを発表しようと呼びかけたところ、多くの有志が手を挙げました。ダンスは5月の運動会で披露したもので、公民館まつりでの発表に向けて練習も行ってきました。

今日は、当日発表する体育室を借りて、リハーサルを進めました。一人一人の立つ場所を確認し、ダンスの動きをチェックしました。担当の先生から「みんなは玉小の代表だ!」と励ましの声がかかると、子どもたちは頷きながら自覚を深めていたようです。

発表は3月4日(日)の10:40から予定されています。当日、どんな発表をするのか、とても楽しみです。
画像1

ありがとうございました──6年生感謝の会(その3)

6年生感謝の会でお礼の言葉を述べると、今度は合唱です。「Forever」など2曲を心を込めて歌いました。

そして、しあわせクラブとせんみ凧保存会のみなさんから励ましの言葉をもらった6年生ですが、子どもたちからお世話になった人々へプレゼントを贈りました。ちょっと恥ずかしそうな表情もありましたが、きちんと渡すことができました。

地域のみなさま、どうもお世話になりました。ありがとうございました。

※一部の写真には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/1 学年始休業
4/4 メール配信テスト
4/5 着任式第1学期始業式
入学式

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

年間行事予定

指導計画

PTA

学校いじめ基本方針