玉川小は、子どもの学習、健康、努力を応援します

いってらっしゃい!──1年生と2年生の地域での学習

1年生と2年生がワクワクしながら昇降口から出発しました。

今日は生活科の授業の一つとして、地域にある製粉所の見学です。しかも、製粉する小麦は、2年生が3年生と一緒に昨年まいて、麦踏みをしたもの! どんなことを感じるのでしょうか。

いってらっしゃい!
画像1

【紹介】「効果を高める! 遠隔学習支援コンテンツ」について

【紹介】TVで見られます「家族で楽しむ! サイエンス」」と同様に、BS放送の放送大学で放送されている番組です。全国の先生たちが作っています。

・放送大学の番組表で「効果を高める」で検索してみましょう。
 https://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi2/bangumi.php

 
画像1

卒業への準備──6年生の活動

多目的室の廊下に6年生の担任が立ち、室内を見つめています。とても優しい視線です。

廊下から室内をのぞき込んでみると、照明や反射用の傘、背景用のスクリーンが見えます。

実は、6年生の卒業アルバムの写真撮影が進んでいるのです。一人ずつ、スクリーン前の椅子に座り、カメラに向かって微笑みます。もちろん、マスクは外してあります。

卒業まであと7か月、準備は少しずつ進んでいます。
画像1

教科書の本文に集中──5年生の社会科の授業

5年生の教室も静かです。一人の声だけが聞こえてきます。

社会科の授業で、先生に指名された児童が教科書の本文を読み、ほかの子どもたちは声に耳を傾けながら教科書の本文を追っているという活動です。

昔ながらの実践ですが、その価値は今も変わりません。文字で表現された情報をどう吸収し、どう整理するのか、この力はとても大切です。

5年生、がんばっています。
画像1

まとめのテスト──3年生の理科の授業

3年生の教室は静まりかえっています。のぞいてみると、理科のまとめのテストでした。

学んだこと、身についたことを知識や思考・判断力などいろいろな観点から試すいい機会です。

頑張れ、3年生!
画像1

画面の分度器が動く!──4年生の算数の授業

4年生の教室をのぞいてみると、算数の授業でした。図形の単元で、角の角度を分度器で測ります。

普通なら、1m近い木製の分度器を教室に持ってきて、黒板に描いた角に当てて測るのですが、今日は違いました。

大型ディスプレイに角が表示されています。教科書と同じ図です。子どもたちはディスプレイの画面をじっと見ています。

おや、画面に分度器が現れました。「さあ、みなさん、まず分度器のここの部分を角の頂点に合わせます」という担任の先生の言葉がすると、画面の分度器がすうっと動いて、角の頂点と重なります。

木製分度器と黒板の組み合わせより、子どもたちにとってはわかりやすいようです。
画像1
画像2

【紹介】TVで見られます「家族で楽しむ! サイエンス」

TVのBS放送に放送大学のチャンネルがありますが、その番組の一つとして「家族で楽しむ! サイエンス」が放送されています。

小中学生を中心に高校生から大人まで、サイエンスの興味が掻きたてられる番組だそうです。BS放送が受信できるのなら、夏休みになってちょっとのぞいてみるのも、面白そうですね。

・BS231チャンネル 時間帯は日によって変わります

・詳しいことはここをご覧ください
 『「家族で楽しむ!サイエンス」放送のお知らせ』
  https://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/2020/0529_2.html
・『「家族で楽しむ!サイエンス」に関連する番組』
  https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/filtering.php?...
画像1

保護者清掃・除菌・草取りボランティア

 今日は、湿気が多く、鏡や床の除菌液をふき取るのにご苦労されていました。お忙しい中、ボランティアにご参加くださり、ありがとうございました。
 
画像1
画像2
画像3

図書館のテーブルに仕切板

 今日の午後、PTA本部の方が、図書館のテーブルに仕切板を設置してくださいました。新型コロナウイルス感染予防の一環で、子どもたちは、すでに距離を置いて本を読んでいます。この仕切版で、さらに安心して本を読む環境が整いました。本を読む子どもたちも増えることでしょう。ありがとうございました。

 ホワイトボードで仕切版を作成してくださったので、状況が落ち着いた後は、子どもたちの学習にも使えそうです。
画像1
画像2

久しぶりの曇り空、校庭でのんびりと

7月27日の朝、登校した子どもたちが遊ぶ姿が校庭のあちこちで見られます。

鉄棒をする子どもたち、ボールのぶつけっこをする子どもたち、みんな、4連休中の雨模様を忘れたかのように、すっきりした表情です。
画像1
画像2

校庭に謎のラインが!

画像1
7月27日、朝の校庭には放射状の白線が描かれていました。

実は、子どもたちが登校する前に、体育の授業の準備として先生が引いていたのです。

今日は、体力テストの一つ、ハンドボール投げをします。授業が始まると、まず、見本を先生が見せていました。

さあ、頑張れ、玉小生!
画像2

玉小生を見守る青空

画像1
7月27日、4連休が終わり、久しぶりの学校です。

昨日までの雨もやみ、空の一角は雲が切れ、青空が顔をのぞかせています。

1学期もあと10日足らず、がんばる玉小生を温かく見つめているようです。

宿題を始める時間を家族に宣言──宿題を終わらせるコツ

画像1
【問】
私は学校にいるときには「家に帰ったらすぐに宿題をやろう」「やろう」と思っているです。でも、家に着いてランドセルを置くと、友達とも遊びたいし、おやつも食べたいし、テレビも見たいし、いろいろやりたくなっちゃう。それでグズグズしていると、親から「宿題をやったら?」と言われて、そう言われると、やる気が無くなっちゃうことがよくあるのです。

【答】
そういうことはよくありますね。でも、「まだ、宿題をやらないのかしら」というご家族のみなさんの気持ちもよくわかります。

今回の改善点は2つです。「宿題をいつから始めるか、自分で決めていない」「宿題を始める時刻を、家族も知らない」です。

ですから、宿題を始める時刻を決めて、それを家族の人に教えましょう。始める時間は、帰ってすぐでもいいですし、夕飯前でもOK。夜の9時は、小学生では遅いかもしれないですね。

家族の人も始める時刻がわかっていれば、きっと応援してくれますよ。

縄跳びは跳んだ数を数えてもらう──宿題を終わらせるコツ

画像1
【問】
玉小では冬に縄跳び大会があるくらい、小学校では縄跳びをやる機会が多いのですが、うちの子はあまり得意ではありません。ときどき、縄を家に持ち帰って練習しているようです。どんなことに気をつければ、長く跳ぶことができるのでしょうか。

【答】
縄跳びもうまくなるとおもしろさが増します。家で練習するなんて、とても偉いですね。

練習のときに乗り越えなくてはいけない壁が2つあります。跳ぶテンポを一定に保つことと、気力が萎えないようにすることです。そのためには、ご家族がお子さんの跳ぶ回数を数えてあげるのも一法です。声が聞こえてくると、本人もテンポを意識できますし、また、「もうちょっと頑張ろうかな」と思うものです。

目の前を片づけてから──宿題を終わらせるコツ

画像1
【問】
うちの子は台所のテーブルの上で宿題をやることが多いのですが、ランドセルもテーブルには乗っているし、教科書やノートが何冊も出しっぱなしで宿題を始めています。何か、集中できないようです。

【答】
宿題をどこでやるかは子どもによって違いますが、一番やりやすい場所で始めることが大切ですね。うちの子も小学生の頃は台所でやっていました。

そんなとき、テーブルの上が乱雑だと、やっぱり気が散ってしまうようでした。だから、ランドセルは床の上に置き、宿題と関係ない教科書やノートはその中にしまうように声をかけていました。

目の前が片づいていると、宿題も始めやすいようです。

音読はモゴモゴよりもハッキリで──宿題を終わらせるコツ

画像1
【問】
音読の宿題がなかなか進みません。脇で聞いていても、声が小さくてなかなか聞こえないのです。読んでいる子どももイライラしているようです。

【答】
音読の楽しさっていろいろありますが、自分の声を自分の耳で聞くこともその一つです。モゴモゴ読んでいるとなかなか聞こえません。
だから、自分の声が耳まで届くように、ハッキリとした声で読むことが大切です。最初はつっかえてもいいし、スピードは遅くても構いません。そのうちにスピードが上がってきます。

保護者清掃・除菌・草取りボランティア

 保護者清掃・除菌・草取りボランティアが始まってから、今日まで8日が過ぎました。この間、延べ80回程のボランティアに参加していただきました。
 保護者の方に支えられているのをひしひしと感じています。明日から、よい4連休をお過ごしください。
画像1
画像2

6年生も終わりがきちんと──6年生の授業

6年生の教室をのぞくと、5年生と同じようにちょうど授業が終わるところでした。

終わりはきちんと──5年生の授業」で取り上げた授業と休み時間の区切りですが、もちろん6年生もよくできています。

さすが、玉小の引っ張る6年生と5年生です。

(写真では「礼」の瞬間なので、上半身が前に倒れかかっている姿もいくつか見えます。シャッターチャンスでした)
画像1

終わりはきちんと──5年生の授業

5年生の教室をのぞくと、授業が終わるところでした。

当番の子どもが号令をかけます。子どもたちも先生も背がピンと張ります。

楽しい授業だからこそ、分かる授業だからこそ、授業と休み時間の区切りが必要です。それができている5年生です。
画像1

まず、予想してみよう──4年生の理科の授業

4年生の教室をのぞいてみると、理科の授業でした。

机の上には教科書などとともに、星座盤が見えます。天体の授業です。

「自分の考えを書いてみよう。そして、なぜそう思ったのかも考えて書こう」
先生の指示を聞いた子どもたちは、視線を宙に浮かべて考えたり、鉛筆を手に書いたりしています。

「覚えること」とともに「考えること」「話し合うこと」「発表すること」を目指した授業です。

画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
8/5 1学期終業式(予定)
8/6 夏季休業(8/6〜18)(予定)

学校からのお知らせ

学校だより

保健だより

1年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

学校いじめ基本方針

学校評価

学校経営