小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

1月21日の給食

 1月21日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鮭の塩焼き、具だくさん味噌汁、たくあん和えです。

 給食週間2日目は、日本で学校給食が始まったころをイメージしたメニューです。日本で最初に食べられた給食は、おにぎり、焼き魚、漬物だったそうです。

 子どもたちは鮭が大好きで、よく食べていました。ごはんの残りも少なかったです。
画像1 画像1

1月20日の給食

 1月20日(月)の給食は、あんかけやきそば、牛乳、ポークシューマイ、杏仁フルーツです。

 今日から給食週間が始まりました。給食週間1日目は、厚木市で昔から食べられている給食をイメージしました。
 あんかけやきそばは、厚木市の給食では長い間定番のメニューです。野菜をたっぷり使ったあんが特徴で、大人になってもあの味が忘れられない、という人も多いようです。

 時代とともに給食のメニューも変化していますが、昔から食べられているメニューも大切にしていきたいな、と考えています。
画像1 画像1

1月17日の給食

 1月17日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、ユーリンチー、五目スープ、ぽんかんです。

 ユーリンチーは、鶏肉を唐揚げにしてからねぎを使ったたれをかけたものです。給食では初登場でしたが、みんなよく食べていました。五目スープも人気があったようです。
画像1 画像1

1月16日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 1月16日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、味付けのり、肉じゃが、かつお和えです。
 
 今日は、小鮎地区でとれたじゃがいも、キャベツ、にんじんを届けていただきました。小鮎産のじゃがいもで作った肉じゃがはとても人気があり、「今日の肉じゃがおいしかった!」という声もたくさん聞かれました。

 同じく小鮎産のキャベツを使ったかつお和えも、キャベツがやわらかく甘みもあって食べやすかったです。こちらも残りは少なかったです。
画像1 画像1

1月15日の給食

 1月15日(水)の給食は、ぶどうパン、牛乳、白身魚のピザソース焼き、白いんげん豆のスープ、コーンポテトです。

 白身魚のピザソース焼きは、たまねぎ、ピーマンを炒めてトマトケチャップなどで味付けして作ったピザソースとチーズを、メルルーサという魚の切り身にのせてオーブンで焼きました。しっかりした味のソースが、あっさりした白身魚によく合っていておいしかったです。

 白いんげん豆のスープには、アルファベット型のマカロニも入っています。とても具だくさんでしたが、みんなよく食べていました。
画像1 画像1

1月14日の給食

 1月14日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、マーボー豆腐、ひじきとツナの中華サラダ、オレンジです。

 マーボー豆腐はいつもどおりよく食べていました。ひじきとツナの中華サラダは、ごま油を使った手作りのドレッシングで和えています。定番のメニューですが、今日はいつもよりも残りが少なかったです。
画像1 画像1

1月10日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 1月10日(金)の給食は、ごはん、牛乳、きんめだいの照り焼き、厚木風雑煮、炒り鶏です。

 今日は、小鮎地区でとれただいこん、さといも、にんじんを使ってお雑煮を作りました。だいこんがとろけるようにやわらかく、おいしいお雑煮ができました。にんじんは炒り鶏にも使っています。にんじんもやわらかくておいしく、鮮やかなオレンジ色が料理をひきたててくれました。

 子どもたちは、久しぶりの給食を喜んで食べていました。おうちでもお雑煮にかつお節と青のりをかけて食べるよ、と教えてくれた人もいました。

 3学期もしっかり給食を食べて、元気に過ごしてくれるといいな、と願っています。
画像1 画像1

12月20日の給食

 12月20日(金)の給食は、ピラフ、牛乳、ローストチキン、コンソメスープ、ボイルブロッコリー、ケーキです。(写真はありません)

 今日はクリスマスにちなんだメニューです。子どもたちはだいぶ前から「ケーキはどんな味なのかな?」と今日の給食を楽しみにしていたようです。欠席の人が多くちょっと残念でしたが、どの料理も残りは少なく、みんなしっかり食べていました。

 今日で2学期の給食は終了しました。台風の直撃などもありましたが、幸い大きな影響もなく、また大きな事故もなく、無事に終えることができ、ちょっと安心しています。休み中も、3学期の安全でおいしい給食作りをめざして準備をすすめていきます。ご協力とご理解をありがとうございました。 

12月19日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 12月19日(木)の給食は、ビビンパ、牛乳、わかめスープ、パインアップルです。

 給食のビビンパは、豚肉を炒めてもやしやぜんまいなどを合わせて一緒に味付けしています。ごはんとの相性もよく、みんなよく食べていました。パインアップルも人気でした。
画像1 画像1

12月18日の給食

 12月18日(水)の給食は、ぶどうパン、飲むヨーグルト、白身魚の香草焼き、レンズ豆のスープ、青菜とコーンのソテーです。

 白身魚の香草焼きは、ホキという魚の切り身に、バジルを混ぜたマヨネーズをぬり、パン粉をのせて焼いています。魚がやわらかくて食べやすく、子どもたちにも人気がありました。

 レンズ豆のスープは、レンズ豆と白花豆のピューレが入ったケチャップ味のスープです。少しとろみのあるスープで体も温まり、こちらも残りが少なかったです。
画像1 画像1

12月17日の給食

 12月17日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、すき焼き、かぼちゃの甘煮、みかんです。

 今日は、ひと足早く、22日の冬至にちなんだ「かぼちゃの甘煮」にしました。給食ではオーブンを使って作りますが、味もよくしみておいしくできました。子どもたちもよく食べていました。
画像1 画像1

12月16日の給食

 12月16日(月)の給食は、みそラーメン、牛乳、いかのガーリックソテー、りんごです。

 みそラーメンは大人気で、食缶が空っぽのクラスが多かったです。いかのガーリックソテーは、いかが大きめでかみ切るのが大変かな、と思いましたが、1年生でもきちんと食べていました。
画像1 画像1

12月13日の給食

 12月13日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、四川豆腐、ナムル、みかんです。

 四川豆腐は、見た目ほどは辛くないので低学年でも食べやすいようです。ごはんにもよく合う味付けで、みんなよく食べていました。
画像1 画像1

12月12日の給食

 12月12日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、かじきの大葉焼き、きつね汁、ごま和えです。
 
 かじきの大葉焼きは、青じそを混ぜた味噌だれに、かじきを漬け込んでからオーブンで焼いています。しその香りがさわやかでおいしいのですが、低学年はしそが苦手な人もいたようです。全体的にはよく食べていました。
画像1 画像1

12月11日の給食

 12月11日(水)の給食は、きなこ揚げパン、牛乳、ポトフ、みずなとツナのサラダ、りんごです。

 きなこ揚げパンは大人気のメニューで、朝から「今日は揚げパンだ!」と楽しみにしている人が多かったようです。残りもほとんどありませんでした。

 ポトフは、今日は鶏ガラでだしをとって作ってみました。濃厚な鶏だしでおいしくできあがり、いつもよりもよく食べていました。
画像1 画像1

12月10日の給食

 12月10日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、さばの塩焼き、みそ汁、五目豆です。
 
 さばの塩焼きは、身の厚いさばで脂もしっかりのっていて、おいしかったです。子どもたちもよく食べていました。五目豆も豆がやわらかく煮えていておいしく、残りも少なかったです。
画像1 画像1

12月9日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 12月9日(月)の給食は、大根カレーライス、牛乳、さつまいもの和風サラダ、みかんゼリーです。

 今日は、小鮎地区でとれた葉付きだいこん、にんじん、さつまいも、はくさいを使いました。だいこんの葉は、ゆでて刻んでカレーに入れました。とても立派な野菜を届けていただき、どの料理もおいしくできあがりました。

 今日は「かながわ県産品デー」も兼ねていたので、ゼリーに使われているみかんの果汁も神奈川県産になっています。

 特にサラダが人気で、残さず食べる人が多かったようです。カレーの残りも少なめでした。
画像1 画像1

12月6日の給食

 12月6日(金)の給食は、ほうとう、牛乳、かれいのから揚げ、みかんです。

 ほうとうは、山梨県の郷土料理です。小鮎小の山梨県出身のお二人の先生にも、ほうとうについていろいろ教えていただきました。山梨では、家庭で麺から手作りすることが多いとのことで、知らないことがたくさんありました。

 給食ではかぼちゃやだいこん、はくさいなど多くの野菜と一緒に煮込んで作りました。具だくさんのほうとうでしたが、みんなしっかり食べていました。
画像1 画像1

12月5日の給食

 12月5日(木)の給食は、ごはん、牛乳、鶏の炒り煮、磯香和え、りんごです。

 今日は、12月の「もぐもぐセブンオフデー」(食物アレルギーの特定原材料7品目を使わないメニューの日)なので、麦の入らないごはんになっています。

 鶏の炒り煮は、鶏肉やさといも、さつまあげ、にんじんやたけのこなど、いろいろな具を使って作りました。出来上がり量も多かったのですが、子どもたちに人気があり、残りは少なかったです。

 
画像1 画像1

12月4日の給食

 12月4日(水)の給食は、胚芽パン、牛乳、ポークシチュー、ほうれん草のサラダ、もも缶です。
 
 ポークシチューには生のたまねぎ、ソテーされた冷凍のたまねぎ、あめ色になった乾燥のローストオニオンの3種類のたまねぎを使っています。生のたまねぎも、時間をかけてよく炒めたので、とてもおいしいシチューになりました。パンをつけながら食べる人も多く、パンの残りも少なかったです。どの料理もよく食べていました。
画像1 画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31