小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

2月25日の給食

 2月25日(水)の給食は、照り焼きまん、牛乳、五目うどん、水菜サラダです。

 「照り焼きまん」は、初挑戦のメニューでした。鶏肉を照り焼き風の味付けで煮てから、蒸しパンの生地を流して蒸しました。生地も甘めで食べやすく、おいしくできあがりました。うどんのつゆは、かつお節とこんぶでだしをとっています。「うどんおいしかったー!」という声も聞かれました。
画像1 画像1

2月24日の給食

 2月24日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、手作りひじきふりかけ、炒り豆腐、かつお和え、ぽんかんです。

 ひじきふりかけは、ひじき、ちりめんじゃこ、ごまを使っています。鉄分、カルシウムがたくさんとれるふりかけです。

 かつお和えは、しょうゆとかつお節のみの味付けですが、さっぱりして食べやすく、人気のある和え物です。
画像1 画像1

2月23日の給食

 2月23日(月)の給食は、麦入りごはん、豆まめドライカレー、白菜スープ、フライドスイートポテトです。

 ドライカレーには大豆とレンズ豆が入っています。子どもたちにはいろいろな豆に親しんでほしいな、と考え、給食ではなるべく週1回は豆料理を出すようにしています。カレーにすると、あまり抵抗なく食べられるようです。

 フライドスイートポテトは、生のさつまいもを細く切って素揚げしたものです。さつまいもの甘みがよく感じられておいしかったです。
画像1 画像1

2月20日の給食

 2月20日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、たらの中華炒め、中華風たまごスープ、もやしのナムルです。

 「たらの中華炒め」は、角切りのたらに片栗粉をまぶして揚げ、にんじん、たけのこなどの野菜と炒めた料理です。ごはんによく合う味付けで、ごはんもしっかり食べられていました。
画像1 画像1

2月19日の給食

 2月19日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、味付けのり、おでん、大豆と小魚の炒り煮、いよかんです。

 給食のおでんは、たくさんの具材を使ってじっくり煮込んで作るので、なんとも言えないおいしさです。かなりできあがり量も多めでしたが、よく食べていました。
 大豆と小魚の炒り煮は、大豆と煮干しを油で揚げてから、甘辛いたれでからめます。おやつのようにポリポリと食べられる、豆や小魚が苦手な人にもおすすめのメニューです。
画像1 画像1

2月18日の給食

 2月18日(水)の給食は、ふたごパン、牛乳、マーマレードチキン、にんじんのポタージュ、フレンチサラダです。

 ふたごパンは、2つくっついた形のかわいらしいパンです。ふんわりしていてほんのり甘く、人気がとてもありました。
 マーマレードチキンは、鶏のもも肉をマーマレード、しょうゆ、にんにくなどにつけ込んでからオーブンで焼きます。こちらもよく食べていました。 
画像1 画像1

2月17日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 2月17日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、ギョロッケ、豚汁、ほうれん草のおひたしです。

 今日は2月2回目のパクパクあつぎ産デーです。ほうれん草、にんじん、ねぎが、近くの畑でとれたものです。ほうれん草は甘みがあってとてもおいしかったです。

 「ギョロッケ」は、コロッケのじゃがいもを、たらのすりみにかえて作った料理です。刻んだ野菜や枝豆も入っています。子ども達も喜んで食べていました。
画像1 画像1

2月16日の給食

 2月16日(月)の給食は、黒パン、牛乳、肉と野菜のカレー煮、キャベツとコーンのソテー、キウイフルーツです。

 肉と野菜のカレー煮は、豚肉、じゃがいも、たまねぎ、うずら卵などの具材を、少し甘めのカレー風味のスープで煮ています。子どもたちには食べやすい味付けで、人気がありました。
 キウイフルーツは和歌山県産でした。いつもの輸入のキウイフルーツに比べると酸味がやや強く、「すっぱい!」といっている人もいましたが、みんなよく食べていました。
画像1 画像1

2月13日の給食

 2月13日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、さばの塩焼き、だまこ汁、せりの煮びたしです。

 厚木市の友好都市、秋田県横手市にちなんだメニューです。「だまこ」は、お米でつくったお団子です。秋田県といえば「きりたんぽ鍋」が有名ですが、給食では難しいので、きりたんぽに似た「だまこ」を使っています。鶏肉やまいたけ、えのきたけなどが入った汁で煮込んで作るので、味がしみこんでおいしく食べられます。

 さばも脂がのっていてとてもおいしかったです。

画像1 画像1

2月12日の給食

 2月12日(木)の給食は、ハヤシライス、牛乳、野菜ソテー、りんごです。

 たまねぎをじっくり炒めてから、豚肉と煮込んで作るハヤシライスは、たまねぎの甘みがよく出ておいしいです。ごはんもいつもよりかなり多めでしたが、しっかり食べられていました。
画像1 画像1

2月10日の給食

 2月10日(火)の給食は、ひじきごはん、牛乳、ちくわの磯辺揚げ、鶏ごぼう汁、いよかんです。
 
 ひじきごはんのように、具がまぜてあるごはんはいつも人気があります。ちくわの磯辺揚げも好物の人が多いようで、よく食べていました。

 いよかんは今がおいしいくだものです。しっかりくだものも食べて、かぜをひかないじょうぶな体になってほしいと思います。
画像1 画像1

2月9日の給食

 2月9日(月)の給食は、ぶどうパン、牛乳、白身魚のピカタ、白いんげん豆のスープ、コーンポテトです。

 「ピカタ」は、肉や魚に卵をつけて焼いた料理です。今日はメルルーサという白身魚の切り身に卵をからめて焼きました。卵にカレー粉・粉チーズも混ぜてあったので、子ども達は「カレーの味がしておいしい♪」といって食べていました。
 
 レーズンが苦手で、パンと格闘している子もちらほらいましたが、全体的に今日もよく食べていました。
画像1 画像1

2月6日の給食

 2月6日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鶏の香味焼き、みそ汁、きんぴらです。

 鶏の香味焼きは、鶏肉ににんにく、しょうが、ねぎ、しょうゆなどで下味をつけてからオーブンで焼きました。照り焼きとはまたひと味違っておいしいです。

 きんぴらも子ども達に人気があり、残食がとても少なかったです。
画像1 画像1

2月5日の給食

 2月5日(木)の給食は、プルコギ丼、牛乳、ごまキムチ汁、りんごです。

 「プルコギ」は韓国料理です。少し甘めの味付けで、子ども達も食べやすいようです。
ごまがたっぷり入ったキムチ汁も、体が温まっておいしかったです。
画像1 画像1

2月4日の給食

 2月4日(水)の給食は、鮭とほうれん草のクリームスパゲッティ、牛乳、ブロッコリーのサラダ、オレンジです。

 スパゲッティは牛乳たっぷりのクリーミーなソースで、みんなよく食べていました。ブロッコリーは苦手な人も多いですが、ビタミンCやビタミンAを多く含む栄養豊富な野菜なので、しっかり食べてほしいなあ、と思います。
画像1 画像1

2月3日の給食

 2月3日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、いわしのしょうが煮、沢煮わん、磯香和え、福豆です。

 2月3日の節分にちなんだメニューです。いわしのしょうが煮は、酢を入れた煮汁でじっくり煮たので、骨もよくかんで食べることができました。低学年はちょっと苦手だったようですが、高学年は「おいしい」と言っていました。
画像1 画像1

2月2日の給食

 2月2日(月)の給食は、丸パンスライス、牛乳、豚のみそ漬けフライ、ボイルキャベツ、コンソメスープ、お祝いゼリーです。

 厚木市の市制60周年記念日のお祝い献立です。厚木の名産「豚づけ」風に味付けした豚肉をフライにしました。パンにキャベツとはさんで「あつぎバーガー」にして食べました。スープには厚木産のにんじんとほうれん草も使っています。

 ゼリーにはクリームもトッピングしてあって、子どもたちも大喜びで食べていました。
画像1 画像1

1月30日の給食

 1月30日(金)の給食は、トンテキ丼、牛乳、くずし豆腐のスープ、りんごです。

 三重県四日市市の名物「トンテキ」を、給食風にアレンジしました。本物のトンテキは、厚切りの豚肉を使いますが、給食では難しいのでこま切れの豚肉を使っています。ウスターソースをベースにした、少し甘めの味付けでごはんがよくすすんだようで、ごはんの残りもとても少なかったです。
画像1 画像1

1月29日の給食

 1月29日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、かじきの照り焼き、豚汁、ひじきの煮物です。

 かじきは小骨もなく、脂ものって食べやすいからか、人気のある魚です。小鮎小の子ども達はこのような和食も好きで、今日はどの料理も残食は少なかったです。
画像1 画像1

1月28日の給食

 1月28日(水)の給食は、ココアトースト、牛乳、クリーミービーンズシチュー、野菜ソテーです。

 クリーミービーンズシチューは、裏ごしの白いんげん豆と牛乳をたっぷり使った、クリーミーな口あたりのシチューです。空になった食缶のまわりについたシチューを、おたまで集めておかわりしている人もいました。
 トーストはもちろん大人気で、残食はほとんどありませんでした。
画像1 画像1
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/2 6年生を送る会
3/3 5年式場作り
委員会10
3/5 代表委員会
3/6 お話会

学校だより

保健だより

図書だより