学習の計画を立てて、規則正しい生活をしましょう

11月26日の給食

 11月26日(木)の給食は、カレーライス、牛乳、野菜ソテー、りんごです。

 給食のカレーは、ルウから手作りしています。たっぷりのたまねぎを時間をかけて炒めてから煮込んでいるので、たまねぎの甘みがよく出ていてとてもおいしく仕上がります。子どもたちにも「給食のカレーおいしい!」といつも好評です。今日もしっかりと食べていました。
画像1 画像1

11月25日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 11月25日(水)の給食は、きなこ揚げパン、牛乳、ポトフ、ビーンズサラダです。

 今日は、小鮎地区でとれただいこんをポトフに、キャベツをサラダに使いました。
 
 今年度初めてのあげパンは、残りがとても少なく、みんな喜んで食べていました。地場産の野菜を使ったポトフとビーンズサラダもよく食べていました。
画像1 画像1

11月24日の給食

 11月24日(火)の給食は、ごはん、牛乳、あかうおの照り焼き、味噌汁、里芋とさつま揚げの煮物です。

 11月24日は「和食の日」ということで、伝統的な和食のメニューにしました。「和食」は、ユネスコの無形世界遺産に登録されています。子どもたちにも、和食の素晴らしさを再確認してもらえたら、と思います。

 連休明けということもあって、全体的に少し残りは多くなってしまいましたが、あかうおの照り焼きは人気があったようです。小骨が少なく、くせのない味で食べやすい魚料理は、よく食べる傾向にあるようです。
画像1 画像1

11月20日の給食

 11月20日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、かつおのごまだれ、豆腐団子汁、さっぱり和えです。

 豆腐団子汁には、豆腐と白玉粉を使って作ったおだんごが入っています。1つ1つ手で丸めて作るのでとても手間がかかりますが、子どもたちは喜んで食べていました。「おもちみたーい」という感想も聞かれました。
画像1 画像1

11月19日の給食〜勤労感謝の日にちなんだ献立〜

 11月19日(木)の給食は、秋の香りごはん、牛乳、焼きとり、すまし汁、磯香和え、お米のムースです。

 今日は、勤労感謝の日にちなんだメニューです。ごはんには、秋らしくさつまいもやきのこを使っています。お米のムースには、厚木市でとれたお米の粉が入っています。

 どの料理もよく食べていましたが、特に焼きとりの人気が高く、残りがゼロのクラスが多くありました。
画像1 画像1

11月18日の給食

 11月18日(水)の給食は、チーズパン、牛乳、白身魚フライ、キャベツとコーンのスープ、ボイルブロッコリーです。

 今日は、ニュージーランドにちなんだ食材をたくさん使ったメニューです。厚木市は、東京オリンピック・パラリンピックのニュージーランドのホストタウンに登録されています。

 フライに使った「ホキ」と、スープに使ったコーン、パンに入っているチーズがニュージーランド産です。今日はどの料理も残りが少なく、みんなよく食べていました。
画像1 画像1

11月17日の給食

 11月17日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、マーボー豆腐、青菜とじゃこのソテー、みかんです。

 給食のマーボー豆腐は、豆板醤はひかえめの味付けですが、子どもたちにはちょうどよい辛さで、ごはんにもよく合います。今日も大人気で、残りが少なかったです。
画像1 画像1

11月16日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 11月16日(月)の給食は、ほうとう、牛乳、水菜とツナの和え物、お豆のデザートです。

 今日は小鮎地区でとれた里芋、だいこん、白菜をほうとうに、キャベツをサラダに使いました。どの野菜も甘みがあってやわらかく、おいしかったです。

 地元の野菜をたっぷり使ったほうとうは、量もしっかりあるのですが、みんなよく食べていました。お豆のデザートは、食べる前から「これは何?」と興味津々の人がたくさんいました。片付けの時、「あのデザートには何が入っていたの?」と聞かれ、「お豆だよ」と答えたところ、「豆なんて入ってなかった!」と返ってきました。白花豆のペーストを使っていたので姿が見えなかったのですが、しっとりした口当たりでおいしく、残りゼロのクラスもいくつかありました。

画像1 画像1

11月13日の給食

 11月13日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、吹き寄せ煮、かつお和え、手作りのりの佃煮です。

 「吹き寄せ煮」とは、落ち葉が風に吹かれて寄せ集まった様子をイメージした料理です。いろいろな具材のうまみがしっかり味わえておいしかったです。

 のりの佃煮は、刻みのりを使って給食室でじっくり煮詰めて作りました。市販ののりの佃煮よりもやさしい味で食べやすく、子どもたちにも人気がありました。ごはんの残りもいつもより少なかったです。
画像1 画像1

11月12日の給食

 11月12日(木)の給食は、中華丼、牛乳、五目スープ、みかんです。

 えびやうずらの卵が入った中華丼は、ごはんによくからんでおいしく、いつもよりも多めのごはんもしっかりと食べられていました。五目スープの残りも少なかったです。
画像1 画像1

11月11日の給食

 11月11日(水)の給食は、米粉ロールパン、牛乳、豆乳のクリームシチュー、ジャーマンポテト、フルーツミックスです。

 今日のメニューは、8月に栄養士の実習に来ていた学生さんが考えたメニューです。豆乳をたっぷりと使ったシチューは初めて実施しましたが、牛乳よりもさっぱりした口当たりで食べやすく、おいしかったです。ジャーマンポテトも人気があり、今日は全体的によく食べていました。
画像1 画像1

11月10日の給食

 11月10日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、魚のもみじ焼き、けんちん汁、金時豆の含め煮です。

 魚のもみじ焼きは、すりおろしたにんじんを混ぜたマヨネーズを、メルルーサという魚の切り身にのせてオーブンで焼いています。マヨネーズがくどくなく、魚によくあっていておいしかったです。

 金時豆の含め煮は、給食に出るのが久しぶりだったので、子どもたちの反応が気になっていました。実際にひと目見て「これ苦手!」という声も聞かれましたが、食べてみると「意外とおいしかったからもっと食べたい!」と言っていました。
 いろいろな食材に触れる機会を、給食でもっと作っていけたらいいな、と感じました。
画像1 画像1

11月9日の給食

 11月9日(月)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鶏肉の竜田揚げ、味噌汁、ひじきの煮物です。

 鶏肉の竜田揚げは、鶏肉をしょうがじょうゆに漬け込んでから片栗粉をまぶして揚げました。子どもたちも大好きな味だったようで、よく食べていました。

 ひじきの煮物は、2ヶ月に1度くらい給食に登場していますが、だんだんに残りが少なくなっていっています。和食の伝統的な食材に親しんでもらえているようでうれしく思います。
画像1 画像1

11月6日の給食

 11月6日(金)の給食は、ハヤシライス、牛乳、青菜とハムのソテー、りんごです。

 ハヤシライスは、たっぷりのたまねぎを時間をかけて炒めてから豚肉などと一緒にじっくり煮込んで作っています。家庭の味とはまた違ったおいしさで、子どもたちにも大人気でした。
 
 今日はソテーの残りもいつもより少なかったです。
画像1 画像1

11月6日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 11月6日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、揚げさばの香味ソース、豚汁、おひたしです。

 今日は小鮎地区でとれた里いもとだいこんを、豚汁に使いました。放送で地場産であることを伝えたところ、昼休みに「里いもおいしかったよ!」と声をかけてくれた人がいました。新鮮な野菜のおいしさを感じられたようでよかったです。

 揚げさばの香味ソースは、揚げたさばに、トーバンジャンやねぎを使ったピリ辛のソースをかけてあります。食欲をそそる味で、今日はごはんもおかずも残りが少なかったです。

画像1 画像1

11月4日の給食

 11月4日(水)の給食は、黒パン、牛乳、大豆のグラタン、カントリースープ、アセロラゼリーです。

 グラタンには、ゆでた大豆が入っていますが、ホワイトソースに隠れていたので気づかずに食べる人もいたようです。普段は豆が苦手な人も、今日は食べられたようでした。

画像1 画像1

11月2日の給食

 11月2日(月)の給食は、麦入りごはん、牛乳、たらの中華炒め、ワンタンスープ、みかんです。

 たらの中華炒めは、角切りのたらに片栗粉をまぶして揚げ、炒めたたまねぎやにんじんと合わせています。カリッと揚がったたらがおいしく、魚が苦手な人でも食べやすいメニューです。

 ワンタンスープも人気があり、みんなよく食べていました。
画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31