小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

1月29日の給食

 1月29日(水)の給食は、米粉ロールパン、牛乳、大豆と野菜のトマト煮、青菜とコーンのソテー、ヨーグルトです。

 給食に使う大豆は、厚木市でとれた乾燥の大豆を水にひたしておいてから、ゆでて使っています。調理員さんが上手にゆでてくれるので、豆のおいしさを充分に味わうことができます。そのおかげか、小鮎小の子どもたちは豆を比較的よく食べています。今日もボリュームのあるメニューでしたが、トマト煮もソテーもよく食べていました。
画像1 画像1

1月28日の給食&給食委員会発表

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1月28日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、かじきの西京焼き、沢煮わん、こんにゃくのおかか煮です。

 かじきの西京焼きは、白みそとみりんで作ったたれにかじきを漬け込んでからオーブンで焼きました。みそ味がごはんによく合っておいしかったです。

 今日は、児童朝会で給食委員会の児童による発表がありました。栄養や食べ物に関する○×クイズのあと、みんなで作ったカレンダーを調理員さんにお渡ししました。

 クイズの内容も凝っていてとてももりあがり、調理員さんからのお話もみんなきちんと聞いていました。

1月27日の給食

 1月27日(月)の給食は、麦入りごはん、牛乳、すき焼き、のり酢和え、いよかんです。

 すき焼きは、豚肉や豆腐のほかに、白菜やえのきたけ、まいたけなどの具材を多く入れて作ります。野菜の水分のみで煮て作るので、野菜のうまみがたっぷり出ておいしかったです。

 のり酢和えは、しょうゆと酢と砂糖で作ったたれでほうれん草、キャベツ、ツナを和えた、子どもたちにとても人気のある和え物です。今日もよく食べていました。
画像1 画像1

1月24日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 1月24日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、くじらのかりん揚げ、けんちん汁、おひたし、みかんゼリーです。

 今日は、小鮎産のにんじん、ねぎ、だいこん、里芋、白菜、キャベツを使いました。たっぷりの新鮮な野菜のおかげで、おいしいけんちん汁ができあがりました。

 今日は、昔なつかしい「くじら」を使ったメニューです。今では給食以外で食べることは難しいくじらですが、昭和60年ごろまでは学校給食によく使われていました。今でも子どもたちには人気があり、今日もよく食べていました。

 給食週間なので、給食委員会で昼休みに「豆つかみ大会」を行いました。「思っていたよりむずかしい〜」と苦戦している人が多かったのですが、上手におはしを使っている人も多く見られました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1月23日の給食

 1月23日(木)の給食は、かしわめし、牛乳、さばの南部焼き、かきたま汁、ぽんかんです。

 かしわめしは、福岡県の郷土料理です。小鮎小にいらっしゃる福岡出身の先生方に、かしわめしについていろいろ教えていただきました。福岡のほうでは鶏肉のことを「かしわ」と呼んでいます。かしわめしは、鶏肉とごぼう、こんにゃくなどを使った甘めの味付けが特徴の炊き込みごはんです。本場のものにくらべるとだいぶ薄味になってしまったと思いますが、子どもたちには人気があり、残りがとても少なかったです。
画像1 画像1

1月22日の給食

 1月22日(水)の給食は、コッペパン、牛乳、カレーシチュー、フレンチサラダ、りんごです。

 今日のメニューは、昭和40年ごろの給食をイメージしたメニューです。このころは、ごはん給食が始まっていなかったので、カレーもパンと食べていました。子どもたちは「どうしてカレーなのにごはんがないの?」と不思議そうでしたが、パンもサラダもよく食べていました。
画像1 画像1

1月21日の給食

 1月21日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鮭の塩焼き、具だくさん味噌汁、たくあん和えです。

 給食週間2日目は、日本で学校給食が始まったころをイメージしたメニューです。日本で最初に食べられた給食は、おにぎり、焼き魚、漬物だったそうです。

 子どもたちは鮭が大好きで、よく食べていました。ごはんの残りも少なかったです。
画像1 画像1

1月20日の給食

 1月20日(月)の給食は、あんかけやきそば、牛乳、ポークシューマイ、杏仁フルーツです。

 今日から給食週間が始まりました。給食週間1日目は、厚木市で昔から食べられている給食をイメージしました。
 あんかけやきそばは、厚木市の給食では長い間定番のメニューです。野菜をたっぷり使ったあんが特徴で、大人になってもあの味が忘れられない、という人も多いようです。

 時代とともに給食のメニューも変化していますが、昔から食べられているメニューも大切にしていきたいな、と考えています。
画像1 画像1

1月17日の給食

 1月17日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、ユーリンチー、五目スープ、ぽんかんです。

 ユーリンチーは、鶏肉を唐揚げにしてからねぎを使ったたれをかけたものです。給食では初登場でしたが、みんなよく食べていました。五目スープも人気があったようです。
画像1 画像1

1月16日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 1月16日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、味付けのり、肉じゃが、かつお和えです。
 
 今日は、小鮎地区でとれたじゃがいも、キャベツ、にんじんを届けていただきました。小鮎産のじゃがいもで作った肉じゃがはとても人気があり、「今日の肉じゃがおいしかった!」という声もたくさん聞かれました。

 同じく小鮎産のキャベツを使ったかつお和えも、キャベツがやわらかく甘みもあって食べやすかったです。こちらも残りは少なかったです。
画像1 画像1

1月15日の給食

 1月15日(水)の給食は、ぶどうパン、牛乳、白身魚のピザソース焼き、白いんげん豆のスープ、コーンポテトです。

 白身魚のピザソース焼きは、たまねぎ、ピーマンを炒めてトマトケチャップなどで味付けして作ったピザソースとチーズを、メルルーサという魚の切り身にのせてオーブンで焼きました。しっかりした味のソースが、あっさりした白身魚によく合っていておいしかったです。

 白いんげん豆のスープには、アルファベット型のマカロニも入っています。とても具だくさんでしたが、みんなよく食べていました。
画像1 画像1

1月14日の給食

 1月14日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、マーボー豆腐、ひじきとツナの中華サラダ、オレンジです。

 マーボー豆腐はいつもどおりよく食べていました。ひじきとツナの中華サラダは、ごま油を使った手作りのドレッシングで和えています。定番のメニューですが、今日はいつもよりも残りが少なかったです。
画像1 画像1

1月10日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 1月10日(金)の給食は、ごはん、牛乳、きんめだいの照り焼き、厚木風雑煮、炒り鶏です。

 今日は、小鮎地区でとれただいこん、さといも、にんじんを使ってお雑煮を作りました。だいこんがとろけるようにやわらかく、おいしいお雑煮ができました。にんじんは炒り鶏にも使っています。にんじんもやわらかくておいしく、鮮やかなオレンジ色が料理をひきたててくれました。

 子どもたちは、久しぶりの給食を喜んで食べていました。おうちでもお雑煮にかつお節と青のりをかけて食べるよ、と教えてくれた人もいました。

 3学期もしっかり給食を食べて、元気に過ごしてくれるといいな、と願っています。
画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29