小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

1月28日の給食

 1月28日(水)の給食は、ココアトースト、牛乳、クリーミービーンズシチュー、野菜ソテーです。

 クリーミービーンズシチューは、裏ごしの白いんげん豆と牛乳をたっぷり使った、クリーミーな口あたりのシチューです。空になった食缶のまわりについたシチューを、おたまで集めておかわりしている人もいました。
 トーストはもちろん大人気で、残食はほとんどありませんでした。
画像1 画像1

1月27日の給食

 1月27日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、えびとさつまいもの甘酢がらめ、中華スープ、オレンジです。
 「えびとさつまいもの甘酢がらめ」は、揚げたさつまいもとえびを甘酢あんで和えた、中華風の料理です。さつまいもの甘みが引き立っておいしかったです。スープもとろみがついていて食べやすかったようです。

 インフルエンザが流行ってきて、欠席の多いクラスもありますが、おかずの残食はあまりなく、よく食べていました。
画像1 画像1

1月26日の給食

 1月26日(月)の給食は、黒パン、牛乳、ラザニア、白菜スープ、フルーツミックスです。

 給食のラザニアは、ワンタンの皮を使って作ります。1人分ずつカップに入れて、チーズをかけて焼くので手間がかかりますが、子どもたちには大人気でした。
画像1 画像1

1月23日の給食

 1月23日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、くじらのオーロラソース、けんちん汁、ブロッコリーのおかか和え、いちごゼリーです。

 給食週間も最終日になりました。最後のメニューは、昔は学校給食ではおなじみだった「くじら」と、神奈川県生まれの料理「けんちん汁」の組み合わせです。また、1月のパクパクあつぎ産デーも本日になっています。けんちん汁に使う「だいこん」「にんじん」「ねぎ」「ほうれん草」が、近くの畑でとれた野菜です。

 1年生は初めて食べるくじらに驚いたようですが、一口食べてみると「おいしい!」と言って、全部食べた人がほとんどでした。
 新鮮な野菜をたっぷり使ったけんちん汁も、野菜のうまみがよく出ていておいしかったです。
画像1 画像1

1月22日の給食

 1月22日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鮭の塩焼き、かぶのみそ汁、きんぴらです。
 
 給食週間4日目は、昔の給食をイメージしたメニューです。日本の学校給食の始まりは、明治22年に山形県にある小学校で、貧しくて昼食を持ってこられない子のために出した食事だったと言われています。そのときのメニューは、焼き魚、漬け物、みそ汁だったそうです。

 今の給食は、そのころに比べるとメニューの種類も多く、使われる食材も豊富になりました。形は大きく変わっていますが、昔も今も、子どもたちの健康を願う気持ちは変わっていないように思います。
画像1 画像1

1月21日の給食〜給食週間3日目〜

 1月21日(水)の給食は、黒糖蒸しパン、牛乳、豆乳ちゃんぽん、豚肉と高菜の炒め物、ぽんかんです。

 給食週間3日目は、九州地方の郷土料理です。「ちゃんぽん」は、長崎県の郷土料理ですが、ちゃんぽんのチェーン店があるせいか、全国的に有名です。子どもたちに聞いたら、ほとんどの子が「知ってる〜、長崎でしょ!」と言っていました。
 給食では豆乳を加えてマイルドにしてみましたが、口あたりがやわらかく、おいしかったです。
 「高菜」は、熊本県が主な産地です。今回は高菜漬けを、豚肉・こまつなと一緒に炒めものにしました。熊本では高菜チャーハンなどもよく食べられているそうです。
 豚肉が入っているせいか、こちらも食べやすかったようです。
画像1 画像1

1月20日の給食〜給食週間2日目〜

 1月20日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、アドボ、フォー、パインアップルです。

 給食週間2日目は、アジアの料理です。「アドボ」はフィリピンの家庭料理です。豚肉を酢に漬け込んでから煮込んだ料理です。フィリピン出身の子に聞いたら、フィリピンで食べていたよ、と言っていてうれしかったです。
 「フォー」はベトナムのめん料理です。米粉で作っためんを、鶏肉でだしをとったあっさりしたスープで食べます。ベトナムではライムなどを絞って、酸味をきかせることもあるそうです。

 どちらの料理も食べやすいようにアレンジしていますが、子どもたちにはいつかぜひ、本場のアジア料理を味わってほしいな、と思います。
画像1 画像1

1月19日の給食〜給食週間1日目〜

 1月19日から給食週間が始まります。給食週間中は、日本各地の郷土料理や世界の料理、昔の給食をイメージしたメニューを実施します。給食委員会による「はしの使い方コンテスト」も行われています。

 一日目は、北陸地方の郷土料理で、麦入りごはん、牛乳、車ふのカツ、打ち豆汁、かつお和えです。「車ふ」は、新潟県や石川県でよく食べられています。煮物などに使うことが多いのですが、最近ではもどした車ふにパン粉をつけて、カツにして食べるのも人気があるそうです。
 初めて食べる人がほとんどでしたが、みんな「これおいしいー!」といってよく食べていました。
 「打ち豆」も北陸地方でよく食べられているものです。大豆を石臼でつぶしてから乾燥させたもので、丸のまま乾燥させたものよりも戻りがよく、消化もよいのが特徴です。
 こちらも見慣れない食材ですが、よく食べていました。

画像1 画像1

1月16日の給食

 1月16日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、ビーンズカレー、いかとコーンのソテー、りんごです。

 手作りのルウを使い、よく煮込んで作ったカレーは、家庭のカレーとはまた別のおいしさで、子どもたちに人気があります。大豆とレンズ豆が入っていますが、ほとんど気にならずに食べられるようです。
画像1 画像1

1月15日の給食

 1月15日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、マーボー豆腐、ひじきとツナの中華サラダ、みかんです。

 ごはんとマーボー豆腐は相性抜群で、ごはんの残りがとても少なかったです。サラダもよく食べていました。
画像1 画像1

1月14日の給食

 1月14日(水)の給食は、ぶどうパン、牛乳、白身魚フライ、カントリースープ、青菜とベーコンのソテーです。

 白身魚フライは、「ホキ」という魚の切り身を使っています。あっさりした味の魚で食べやすかったようで、残食もほとんどありませんでした。
画像1 画像1

3学期最初の給食

 1月13日(火)、今日から3学期の給食が始まりました。
 1月最初の給食は、お正月にちなんだメニューで、鮭ずし、牛乳、厚木風雑煮、炒りどりです。
 鮭ずしは、鮭とごはんで紅白をイメージしています。厚木風雑煮は、かつお節と青のりをかけて食べるのが特徴です。厚木風といっても、地域によって微妙な差があるようで、子どもたちがおうちで食べたお雑煮もさまざまだったようです。炒りどりも、結び昆布を使ってちょっとお正月らしくしてみました。

 3学期も、たくさん給食を食べてくれることを願っています。
画像1 画像1
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/31 新年度諸準備(5年登校)

学校だより

保健だより

図書だより