小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

2月20日の給食

 2月20日(水)の給食は、米粉ロールパン、牛乳、さつまいものシチュー、ブロッコリーのサラダ、りんごです。

 さつまいもを使ったクリームシチューは、さつまいもの甘さが感じられておいしくできあがりました。パンをシチューにつけながら食べる人もいて、残りはほとんどありませんでした。

 ブロッコリーも苦手な人が多いのですが、今日は残りが少なかったです。
画像1 画像1

2月19日の給食

 2月19日(火)の給食は、ごはん、牛乳、ハンバーグ、みそ汁、ポテトサラダ、ミニケーキです。

 今日は6年生が2学期に家庭科の授業で考えた給食のメニューのうち、6年2組で選ばれたメニューです。

 ロールケーキは給食で初めて使いましたが、ちょうどよい大きさで甘さもほどよく、おいしかったです。ハンバーグも大人気で、どのクラスもよく食べていました。
画像1 画像1

2月18日の給食〜パクパク厚木産デー〜&食育体験授業

 2月18日(月)の給食は、田舎うどん、牛乳、さつまいもと大豆のごまがらめ、ぽんかんです。

 今日は小鮎産のねぎとだいこんを、うどんのつゆに使いました。

 田舎うどんは、あつぎの郷土料理のひとつです。地場産のだいこんが甘くてやわらかく、おいしかったです。子どもたちもよく食べていました。

 今日は6年生を対象にした食育体験授業がありました。実際に校庭に乳牛と子牛が来て、牛乳についてのお話しや、牧場での仕事内容などについて学んだあと、模型の牛で練習してから本物の牛での乳搾りを体験していました。

 牛乳についてだけではなく、生き物たちの命を大切に感じ、食べ物にも感謝をして食べようという気持ちが持てるといいな、と思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

2月15日の給食

 2月15日(金)の給食は、ごはん、牛乳、さばの塩焼き、だまこ汁、せりのおひたし、いよかんです。

 今日は2月のもぐもぐセブンオフデーなので、麦の入らないごはんになっています。

 今日は、厚木市の友好都市、秋田県の横手市にちなんだメニューです。「だまこ」は、きりたんぽのようにお米で作ったおだんごです。鶏肉やごぼう、まいたけや三つ葉などが入った汁で煮込んで食べます。三つ葉の香りがよく、おいしかったです。「せり」も秋田県でよく食べられている野菜で、こちらも独特の香りがありますが、白菜、にんじんとおひたしにしたので食べやすかったです。
画像1 画像1

2月14日の給食

 2月14日(木)の給食は、ナン、牛乳、豆まめドライカレー、白菜スープ、フライドポテト、ココアムースです。

 今日はバレンタインデーにちなんでココアムースにしました。あまり給食では出ない「ムース」がどんなものなのか、低学年はわからなかったようですが、食べてみると「おいしいー!」とみんな大喜びでした。

 豆がたくさん入ったカレーも、ナンと一緒だと食べやすいようでした。フライドポテトも大人気で、食缶がからっぽのクラスがたくさんありました。
画像1 画像1

2月13日の給食

 2月13日(火)の給食は、鮭チャーハン、飲むヨーグルト、焼きぎょうざ、みそ汁、ひじきの炒め煮、ぽんかんです。

 今日のメニューは、2学期に6年生が家庭科の授業で考えた献立のうち、6年1組から選ばれたメニューです。

 チャーハンにひじきの炒め煮の組み合わせは珍しいと感じましたが、思いのほか食べやすく、子どもたちにも好評でした。ひじきの炒め煮には、いつもは使わない鶏肉も入っていたので、ひじきが苦手な人でも食べやすかったようです。
画像1 画像1

2月12日の給食(パクパク厚木産デー)&朝会のお話

 2月12日(火)の給食は、三色そぼろ丼、牛乳、豚汁、りんごです。
 
 今日は小鮎地区でとれたさといも、だいこん、ねぎを豚汁に使いました。どの野菜もとてもおいしかったです。

 三色そぼろ丼は、鶏肉、炒り卵、さやいんげんを使っています。しょうがを効かせた、少し甘めの味付けがごはんによく合っていました。

 今日の朝会では、給食の先生からのお話があり、厚木の郷土料理や、日本各地の郷土料理の紹介をしていただきました。給食で登場した郷土料理のお話もありました。最後に、厚木市産のお米を使っているというお知らせもしました。
 いろいろな料理に興味を持ち、お米も味わって食べてもらえるといいな、と思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

2月8日の給食

 2月8日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、肉じゃが、大豆と小魚の炒り煮、いよかんです。

 肉じゃがは、子どもたちにとても人気のあるメニューで、今日もよく食べていました。大豆と小魚の炒り煮もよく登場する料理ですが、今日はいつもよりも残りが少なかったです。
画像1 画像1

2月7日の給食

 2月7日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、プルコギ、わかめスープ、りんごです。

 「プルコギ」は、韓国のすき焼きに似た料理です。「コチュジャン」という韓国の調味料を使って味付けしました。子どもたちにもちょうどよい辛さで、残りがとても少なかったです。
画像1 画像1

2月6日の給食

 2月6日(水)の給食は、ツナとほうれん草のクリームスパゲッティ、牛乳、水菜のサラダ、デコポンです。

 ツナをたっぷり使ったスパゲッティは、なめらかな口あたりでおいしかったです。ほうれん草の緑もあざやかで、彩りもきれいにできました。

 デコポンは、今の時期が旬のくだものです。皮がむきやすく、果汁もたっぷりで食べやすいかんきつ類です。しっかりビタミンをとって、風邪に負けない体を作ってほしいと思います。 
画像1 画像1

2月5日の給食

2月5日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、ほっけの竜田揚げ、いも団子汁、ごまあえです。

 今日は、厚木市と北海道網走市が友好都市になった日ということで、北海道の郷土料理にしました。ほっけは北海道でたくさんとれる魚です。いも団子汁は、北海道特産のじゃがいもをゆでてつぶし、片栗粉・小麦粉を混ぜてお団子にしたものを入れた汁ものです。つるっとした食感のお団子がおいしく、子どもたちもよく食べていました。
画像1 画像1

2月4日の給食

 2月4日(月)の給食は、レーズンクッペ、牛乳、ポテトオムレツ、野菜スープ、フルーツミックスです。

 レーズンクッペは、いつものぶどうパンとは一味ちがった、フランスパンのような形のパンです。ぶどうパンはいつも残りが多くなってしまいますが、今日はよく食べていました。
 
 ポテトオムレツは、大きな鉄板で作ったものを1人分ずつ切り分けました。厚みがあってボリュームもありましたが、こちらもよく食べていました。
画像1 画像1

2月1日の給食〜パクパク厚木産デー〜

 2月1日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、豚肉の味噌漬け焼き、すまし汁、パクパク和え、福豆です。

 今日は市制記念日ということで、厚木名物「豚漬け」をイメージした「豚肉の味噌漬けフライ」にしました。子どもたちは大喜びで、しっかり食べていました。

 また、今日は小鮎地区でとれたはくさい、ほうれん草を使って「パクパク和え」にしました。新鮮なほうれん草は、甘みもしっかりと感じられておいしかったです。ねぎもすまし汁に使いました。

 そして、3日の節分にちなんだ福豆もついて、もりだくさんなメニューとなりました。

 しっかり食べて、かぜやインフルエンザに負けない体を作ってほしいと思います。
画像1 画像1

1月31日の給食

 1月31日(木)の給食は、菜めし、牛乳、おでん、焼きししゃも、りんごです。

 菜めしには、乾燥の大根の葉を使いました。大根の葉にはカルシウムや鉄分が多く含まれているので、捨てずに利用したい食品です。

 焼きししゃもは好き嫌いがはっきり分かれ、1年生では食べたことがないという人も多くいました。こちらもカルシウムがとてもたくさんとれるので、なるべく食べてほしいな、と思います。
画像1 画像1

1月30日の給食

 1月30日(水)の給食は、きつねうどん、牛乳、さつまいもの和風サラダ、黒糖蒸しパンです。

 今日は、少し早めですが、2月2日の「初午」にちなんできつねうどんにしました。初午はお稲荷さまのお祭りなので、初午の日にはお稲荷さまの使いと言われるきつねの好物の油揚げを使った料理をお供えすることがあります。油揚げをたっぷり使ったきつねうどんは、ボリュームもありましたが、みんなよく食べていました。

 黒糖蒸しパンは、黒砂糖をたっぷり使ったので、しっとりおいしくできました。こちらも大人気でした。
画像1 画像1

1月29日の給食

 1月29日(火)の給食は、麦入りごはん、牛乳、さばの味噌煮、のっぺい汁、ほうれん草のおひたしです。

 給食のさばの味噌煮は、オーブンを使って作っています。子どもたちにも好評で、今日も欠席が多い割には残食が少なかったです。
画像1 画像1

1月28日の給食

 1月28日(月)の給食は、ロールパン、牛乳、大豆のグラタン、野菜スープ、フルーツミックスです。

 グラタンのルーは、サラダ油と小麦粉を使って30分以上炒めて作っています。手作りルーのグラタンは、なめらかな舌触りでとてもおいしいです。子どもたちもよく食べていました。
画像1 画像1

1月25日の給食

 1月25日(金)の給食は、麦入りごはん、牛乳、くじらのオーロラソース、沢煮わん、磯香和え、りんごゼリーです。

 今日は1月の行事献立になっています。昭和60年ごろまで給食によく出ていた、くじらの肉を使ったメニューにしました。

 くじらは年に1度しか給食に使わないのですが、小鮎小の子どもたちは大好きで、今日もほとんど残りがありませんでした。

 給食の歴史について興味を持つきっかけになればいいな、と思います。
画像1 画像1

1月24日の給食

 1月24日(木)の給食は、麦入りごはん、牛乳、鮭の塩焼き、具だくさんみそ汁、割り干し大根の五目煮です。

 今日は、明治時代に初めて学校給食が始まったころをイメージしたメニューです。子どもたちは鮭の塩焼きが大好きで、欠席が多いのですが残りはあまりありませんでした。

 給食週間中、給食委員会の児童が給食時間に各クラスをまわり、給食当番がきちんと盛り付けたかをチェックしています。その効果もあるのか、今週はいつもよりも残食が少なくなっています。このまま、給食週間が終わってもしっかり食べてくれるといいな、と思います。
画像1 画像1

1月23日の給食

 1月23日(水)の給食は、コッペパン、牛乳、鶏肉のトマト煮、野菜ソテー、りんごです。

 今日のテーマは「厚木市で昔から受けついでいる給食」です。鶏肉のトマト煮は、センター給食だったころからほとんど変わらないレシピで作っています。じっくり煮込んだ鶏肉とたまねぎのうまみがよく出ていて、とてもおいしかったです。
画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
学校行事
2/22 6年授業参観・懇談会(5校時まで)
読み聞かせ(昼休み)
2/25 6年生半日体験(小鮎中)6校時まで
読み聞かせ(2年)