小鮎小の子どもたちは今日も元気です。

7月9日の給食

 7月9日(火)の給食は、鶏飯、牛乳、赤魚のから揚げ、冷凍パインです。

 鶏飯は、鹿児島県の奄美大島の郷土料理です。小鮎小には奄美大島出身の先生がいらっしゃるので、いろいろ教えていただき給食に出すことができました。

 ごはんにほぐした鶏肉、錦糸卵、干ししいたけなどをのせ、鶏ガラでとっただしを食べる料理なのですが、給食ではごはんが汁を吸ってしまうのを防ぐため、汁は別の食器に盛りつけてもらいました。「汁をごはんにかけて食べる」ということが給食ではあまりないため、食べ方にとまどってしまった人もいたようでした。

 残りが思ったよりも多くなってしまい残念に思っていたら、「今日の給食とってもおいしかった!家ではお母さんがこういう料理あまり作らないから、給食でまた食べたい!」と声をかけてくれた人がいて、救われた気持ちになりました。
 
 
 
画像1 画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31