緊急時のために連絡メールの登録をお願いします。登録してもメールが届かない保護者の方は担任までご連絡ください。

6年生 着衣泳

 6年生は、水の事故にあった時に自分の命が守れるように、衣服を着たまま水に入る体験をしました。衣服がとても重くなって、泳ごうとすると体力を消耗してしまいます。ですから体の力を抜いて浮きながら、救助を待つことが大切だと教わりました。ペットボトルや衣服の中の空気、靴などが体を浮かせるためには役に立つことを実感しました。
 また、もしも溺れている人を見かけたら自分で助けようとして水に入るのではなく、浮きそうなものを投げてあげて、大声で助けを呼ぶことが大切だと確認し合いました。
画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31