藤塚中学校

2017/04/26 07:41 更新

「入学式」161名を迎えて    校長 坪内智子

校旗

藤塚中では161名の新入生を迎え、2,3年生は、先輩や最高学年になった喜びで生き生きと生活をしています。

3月に卒業生が残した言葉「高みを目指して」を胸に生徒会を中心に動き始めています。更に今年成人式を迎えた20歳の藤中の卒業生たちは、成人の集いの実行委員として活躍してくれました。色々な場面で自分らしさをだし、人のために活動できることは、とても素晴らしいことです。

そして、4月に大学生が、教育実習をさせてほしいと来校しました。その大学生は、中学時代にある先生に出会い「教師になりたい。」と思い、今まで努力してきたことを語ってくれました。その話を聞いて、私が教師を目指した時を思い出しました。小学時代は、マンガの影響で、バレーボール選手に、中学時代は、テレビドラマの影響で飛行機の乗務員に、高校時代は、夢はなく、数学が好きだったので大学に行きたいと考えました。大学では、コンピューター関係に進もうかと思っていましたら、中学の恩師に偶然出会い、「家庭教師をしないか」と言われ、中学3年生の女の子の勉強を見ました。その時、「教えること」が楽しくやりがいのあることを知り、私は、教師を目指しました。その恩師に出会わなかったら違うことをしていたかもしれません。

人との出会いや学ぶことで、世界が広がります。広がることで、やりがいのある職業や夢にたどり着くことができます。何が自分のためになるだろう。「すべての経験や学習」が、役に立ちます。「こんなことが?」と思うかもしれませんが、無駄なことは一つもありません。「やってみることです。」藤塚中学校の体育館には、生徒のめあて「目標追求、責任実行、敬愛協力」が大きく掲げてあります。そして校歌の歌詞にも入っています。この校歌の意味を感じ、口ずさみ、生徒のみなさんには、可能性と能力を伸ばし、自信と誇りを持って何事にも全力で取り組んでほしいと思います。その手助けを私達教職員は、取り組んでまいります。

保護者・地域のみなさまには、学校の方針や取り組みに対して、今年度も引き続きご理解の上、ご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

学校教育目標

≪知・徳・体の調和のとれた、人間性豊かな生徒を育てる≫

校長室からの最新記事

  • 記事画像1 満開です 4月10日(月)  学校内の花が…  [2017年4月14日up!]

学校経営に関する文書

配布文書はありません。