3年生 修学旅行

6月19(月)〜21日(水)に行われた3年生の修学旅行のまとめです。

※「記事へジャンプ」をクリックすると、元の記事が開きます。

修学旅行道中記1 (画像 1)
修学旅行道中記1
いよいよ修学旅行の朝となりました。本厚木駅の様子です。

記事にジャンプ
修学旅行へ出発 (画像 1)
修学旅行へ出発
 待ちに待った修学旅行が始まりました。本厚木駅前に班ごとに集合して健康状態や身だしなみ等を担任が確認をして出発しました。嬉しいことは行動も早く、早い班では6時前に来ている生徒もいました。この後、小田急線に乗車して小田原駅で全員集合となります。

記事にジャンプ
修学旅行道中記2 (画像 1)
修学旅行道中記2
6月19日,本厚木駅に、6時15分集合しました。見送りの先生方、本当にありがとうございました。有意義な修学旅行になるように頑張ってほしいです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記3 (画像 1)
修学旅行道中記3
 小田原駅に到着しました。全員無事に、実行委員が中心に行なってくた出発式に参加しました。まだまだ皆とても元気です。




記事にジャンプ
修学旅行道中記4 (画像 1)
修学旅行道中記4
 そろそろ新幹線に乗る時間となりました。トイレ休憩も済ませて、ホームに移動する前の様子です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記5 (画像 1)
修学旅行道中記5
 新幹線のホームにむかって移動し始めました。足取り軽く歩いています。

記事にジャンプ
修学旅行道中記6 (画像 1)
修学旅行道中記6
 小田原駅に新幹線が到着しました。これから各クラスごとに乗り込みます。乗れない生徒がいないように、祈るだけです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記7 (画像 1)
修学旅行道中記7
 全員が無事に小田原駅から新幹線に乗ることができました。おめでとうございます。これで修学旅行の第1ステップをクリアです。しかし、皆さん、よく食べますね。

記事にジャンプ
修学旅行道中記8 (画像 1)
修学旅行道中記8
 あっという間、新大阪駅に到着しました。天気は晴天で、気温は30度を超えているようです。水分補給をしっかりとしましょう。熱中症に注意。

記事にジャンプ
修学旅行道中記9 (画像 1)
修学旅行道中記9
 新大阪駅からバスで奈良に到着しました。法隆寺の近くにある食堂で昼食をとりました。メニューは、柿の葉寿司とうどんでした。生徒は、柿の葉寿司は苦手のようで、ある先生は、20個も食べたそうです。お腹は大丈夫でしょか?さて、誰でしょう

記事にジャンプ
修学旅行道中記10 (画像 1)
修学旅行道中記10
 昼食後は、クラスごとに、法隆寺を見学しました。生徒たちは、暑さに随分とまいっていましたが、体調を崩す生徒はいませんでした。さすがに若いです。

 法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。別名は斑鳩寺(いかるがでら、鵤寺とも)、法隆学問寺など。

 法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。


記事にジャンプ
修学旅行道中記11 (画像 1)
修学旅行道中記11
 法隆寺を後にした生徒だいじは、一路、東大寺に向かいました。さすがに、奈良の大仏には圧倒されていました。鹿と戯れる生徒の姿はかわいく感じました。

 東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院である。

 金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてらともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、開山(初代別当)は良弁である。現別当(住職・222世)は狹川普文。


記事にジャンプ
修学旅行道中記12 (画像 1)
修学旅行道中記12
 東大寺を後にした生徒たちは、京都に向けて出発し、宿である「嵯峨グレースホテル」に到着しました。昨年度の3年生もお世話になったホテルで、とても綺麗で、従業員の方もとても親切です。今年も宜しくお願い致します。

記事にジャンプ
修学旅行道中記13 (画像 1)
修学旅行道中記13
 ホテルについて、最初の会議「室長会議」の様子です。室長の役割は、集団生活ではとても重要です。頑張ってください。

記事にジャンプ
修学旅行道中記14 (画像 1)
修学旅行道中記14
 今日の夕食は、「みぞれ鍋」でした。美味しそうですね

記事にジャンプ
修学旅行道中記15 (画像 1)
修学旅行道中記15
 修学旅行で最初の夕食がスタートしました。若いので皆たくさん食べていました。各班の奉行は誰でしたか?行儀の悪い生徒もいたのが残念です。ホテルから今日が誕生日の生徒にプレゼントが渡され、みんなでハッピーバースデーを歌いました。15歳おめでとうございます!

記事にジャンプ
修学旅行道中記16 (画像 1)
修学旅行道中記16
 今日一日の修学旅行の反省をするために一番大事な会議である実行委員会がロビーでおこなわれました。この後の係別会議および学級反省会の司会を務める実行委員が、今日一日の課題を理解していなければできません。頑張ってください。

記事にジャンプ
修学旅行道中記17 (画像 1)
修学旅行道中記17
 実行委員会を受けての係別会議の様子です。明日は今日の反省が生きた係活動ができるでしょうか?頑張ってくださいね。



記事にジャンプ
修学旅行道中記18 (画像 1)
修学旅行道中記18
 今日、最後の活動である学級反省会が行われました。明日の班別散策に向けて、今日の反省が活かされることを期待しています。頑張ってください。クラスによって少し取り組みに差が見られたのは残念です。朝早くから一日お疲れさまでした。明日も頑張りましょう。

記事にジャンプ
修学旅行道中記19 (画像 1)
修学旅行道中記19
 おはようございます。修学旅行2日目です。今日も一日よろしくお願いします。
 京都の朝と今日の予定です。まだ、曇っていますが、今日も暑くなりそうです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記20 (画像 1)
修学旅行道中記20
 朝食です。京都の名物「湯豆腐」が、とてもおいしかったです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記21 (画像 1)
修学旅行道中記21
 みなさん、昨晩はゆっくり寝たのか?朝食もきれいに完食している生徒がほとんどでした。体調をくずした生徒もいませんでした。今のところ全員が班別散策に出発できそうです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記22 (画像 1)
修学旅行道中記22
 いよいよ今回の修学旅行のメインである班別散策がスタートしました。全員が班ごとにジャンボタクシーに乗り込み、計画された目的地に向かいました。先生方のタクシーが最後の画像です。有意義な一日になってほしいものです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記23 (画像 1)
修学旅行道中記23
 嵯峨野と嵐山を散策してみました。

 嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区の地名。太秦・宇多野の西、桂川の北、小倉山の東、愛宕山麓の南に囲まれた付近に広がる広い地域の名称で、単に「嵯峨(さが)」と呼称される事もある。ただし、観光地としての「嵯峨(野)」は嵐山から小倉山に沿った社寺の立ち並ぶ地域(概ね車折神社より西側)を指す。平安京の西方の郊外になることから別名、西郊と公家達はよんだ。

 嵐山(あらしやま)は京都府京都市の観光地。国の史跡および名勝に指定されている。

 本来地名としては西京区(桂川の右岸)を指し、左岸は右京区嵯峨であるが、観光案内等では嵯峨地区を含めた渡月橋(とげつきょう)周辺全域を一まとめに嵐山と称する事が多いため、本記事では渡月橋周辺全域をしての嵐山を扱う。


記事にジャンプ
修学旅行道中記24 (画像 1)
修学旅行道中記24
 金閣寺には、多くの班が見学に訪れています。

 鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿は金閣(きんかく)、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺(きんかくじ)として知られる。相国寺の山外塔頭寺院である。

記事にジャンプ
修学旅行道中記25 (画像 1)
修学旅行道中記25
 清水寺の参道は、例年のごとく非常に混雑しています。いろいろなことに、注意してください。どこに行っても外国人の多さにびっくりします。

記事にジャンプ
修学旅行道中記26 (画像 1)
修学旅行道中記26
 清水寺において、2組日直班と集配班です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記27 (画像 1)
修学旅行道中記27
 清水寺において、2組運営班と4組集配班です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記28 (画像 1)
修学旅行道中記28
 清水寺にて

記事にジャンプ
修学旅行道中記29 (画像 1)
修学旅行道中記29
 清水の舞台は、現在工事中です。その様子がよくわかる写真です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記30 (画像 1)
修学旅行道中記30
 金閣寺です。金閣寺が映っていないのが寂しいです。誘導係の人の話では、今日は空いてるとのことでしたが、それでも大勢の人で混み合っていました。



記事にジャンプ
修学旅行道中記31 (画像 1)
修学旅行道中記31
 北野天満宮にて、今年度の受験に向けて合格祈願をしました。さすがに受験生ですね。しかし、意外と立ち寄った班は少なかったです。

 北野天満宮(きたのてんまんぐう)は、京都市上京区にある神社。旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「星梅鉢紋」。

 通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている。


記事にジャンプ
修学旅行道中記32 (画像 1)
修学旅行道中記32
 金閣寺にて。今回の撮影者は金閣寺を写してくれました。ありがとうございます。

記事にジャンプ
修学旅行道中記33 (画像 1)
修学旅行道中記33
 班別散策を終えて、ジャンボタクシーで宿に戻ります。まだまだ元気ですね。

記事にジャンプ
修学旅行道中記34 (画像 1)
修学旅行道中記34
 ちょっと遅くなりましたが、今日の昼食の写真です。さて、誰と誰の昼食でしょうか?随分とオシャレですね。

記事にジャンプ
修学旅行道中記35 (画像 1)
修学旅行道中記35
 修学旅行のメインであった班別散策も全員無事に宿舎に到着しました。おつかれさまでした。タクシーから降りてきた生徒から楽しかったというという声がたくさん聞こえました。

記事にジャンプ
修学旅行道中記36 (画像 1)
修学旅行道中記36
班別散策後の記念撮影です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記37 (画像 1)
修学旅行道中記37
 修学旅行2日目の夕食は、豆乳鍋でした。

記事にジャンプ
修学旅行道中記38 (画像 1)
修学旅行道中記38
 班別散策で、随分といろいろな食べ物に手を出していた割に、皆さん、今日の夕食も箸がすすんでいました。若いとは素晴らしいことですね。あと一日をの栄養を十分に補充したと思います。ごちそうさまでした。

記事にジャンプ
修学旅行道中記39 (画像 1)
修学旅行道中記39
 体験学習として、「舞妓さん」を呼んで踊りを披露してもらいました。普段、なかなか実物を見ることができませんので、良い体験になったと思います。いろいろな質問にもテキパキとこたえてくれました。

 舞妓(まいこ)は、京都の上七軒、先斗町、宮川町、祇園甲部、祇園東の五花街で、舞踊、御囃子などの芸で宴席に興(きょう)を添えることを仕事とする女性のことで、芸妓の見習い修行段階の者をいう。

記事にジャンプ
修学旅行道中記40 (画像 1)
修学旅行道中記40
 修学旅行、2回目の実行委員会です。最終日に向けての大切な打ち合わせです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記41 (画像 1)
修学旅行道中記41
 係別会議が実施されました。昨日に比べると、やはり全体的に疲れている感じの会議になっていました。残り一日、自分の係の仕事を責任をもってやり遂げてほしいです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記42 (画像 1)
修学旅行道中記42
 修学旅行、2日目の最後の活動である学級反省会です。明日の活動予定のメインは、「保津川下り」ですが、天気予報では雨です。活動予定が変更される可能性があります。3年生のパワーで、雨雲を吹き飛ばしてほしいです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記43 (画像 1)
修学旅行道中記43
 おはようございます。
 修学旅行、最終日となりましたが、残念ながら夜から豪雨のため保津川は中止となりました。これから太秦映画村に出発する予定です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記44 (画像 1)
修学旅行道中記44
 修学旅行、最後の朝食です。今日は、洋食です。パンがメインですが、ピラフも出してくれました。デザートは、プリンでした。

記事にジャンプ
修学旅行道中記45 (画像 1)
修学旅行道中記45
 みんな元気に、朝食を食べていました。よく寝たのかな?

記事にジャンプ
修学旅行道中記46 (画像 1)
修学旅行道中記46
 修学旅行で3日間お世話になった嵯峨グレースホテルを後にします。女将さんをはじめ従業員の方には、本当にお世話になります。ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

記事にジャンプ
修学旅行道中記47 (画像 1)
修学旅行道中記47
 保津川下りが豪雨のため実施できなくなったために、太秦の映画村にやってきました。自然の素晴らしさを体験することは出来ませんでしたか、お化け屋敷等のアトラクションを楽しんでいました。これから嵐山に向かいます。昼食が楽しみです。

記事にジャンプ
修学旅行道中記48 (画像 1)
修学旅行道中記48
 太秦の映画村を後にした一行は、昼食および班別散策の目的地である嵐山に到着しました。どうにか雨は小降りになっていましたので、限られた範囲で班別散策とお土産を買うことができました。

記事にジャンプ
修学旅行道中記49 (画像 1)
修学旅行道中記49
 修学旅行の最後の食事は、嵐山のレストランでカツカレーでした。

記事にジャンプ
修学旅行道中記50 (画像 1)
修学旅行道中記50
 修学旅行での最後の昼食となりました。割合量の多いカツカレーでしたが、みんな、おいしそうに食べていました。皿をよく見ると白い物体が残っているものが多かったです。白い物体とは、実はラッキョウでした。

記事にジャンプ
修学旅行道中記51 (画像 1)
修学旅行道中記51
 昼食を食べ終えた生徒たちは、桂川にかかる渡月橋をバックにクラスごとに記念撮影を撮りました。川は昨晩からの豪雨で、普段に比べると水かさが増していました。写真屋さんの撮影している合間に写したものですで、カメラを見ていない生徒も多数います。普段の姿が映っているかもしれません。

記事にジャンプ
修学旅行道中記52 (画像 1)
修学旅行道中記52
 いよいよ帰路につくために京都駅に戻ってきました。しかし、何と昨夜からの豪雨が東に進み静岡県付近で新幹線が運転を見合わせているとの情報が入り、12時頃の新幹線に乗る予定の学校が、いまだ出発できていないという緊急事態あいました。

 京都もまだ小雨が降り続いていたために、雨を避けて待機中です。

記事にジャンプ
修学旅行道中記53 (画像 1)
修学旅行道中記53
 新幹線がいまだに止まっているために、少しでも広く座れる場所を探して待機場所を移動しました。いつ新幹線が動き出すのかとても不安でした。3時過ぎに新幹線が動き出しましたが、3時間遅れという話を聞き、何時に帰宅できるのか不安が大きくなるばかりでした。

 詳しくは、来週JTBから書面でお知らせがありますが、結果として林中が乗ることを予定していた新幹線に乗ることができず、普通列車のこだまに、一般客と一緒に乗車して小田原に向かうことになりました。生徒たちには窮屈な思いをさせたことは、とても残念でしたが、全員がどうか座って19時30分ごろに小田原駅に到着しました。人間社会、やはり、自然災害には本当に弱いことを実感させられました。

記事にジャンプ
修学旅行道中記54 (画像 1)
修学旅行道中記54
 やっと思いで、19時30分ごろに小田原駅に新幹線が到着し、バスに乗り込むことが手きました。あとは小田原厚木道路を走って、一路、厚木市そして林中学校に向かうだけです。

 普段の修学旅行では、小田原から厚木までのバスの中はている生徒が多いのですが、私の乗っていた3年1組は、学校につくまで本当に元気でした。最後の実行委員の話の中に、修学旅行で学んだことをこれからの学校生活に生かそうという言葉がありました。本当にそれが大切だと思います。頑張ってください。

記事にジャンプ
修学旅行道中記GoGo (画像 1)
修学旅行道中記GoGo
 この3日間、林中学校の修学旅行道中記を見ていただいた皆さんに、心より感謝いたします。3年生は、この修学旅行でいろいろな面で頑張りを見せてくれました。3日目には、豪雨に始まったアクシデントはありましたが、違った意味で思い出に残る修学旅行になったと信じています。今回の頑張りを卒業まで続けてほしい。走り続けてほしいという意味で「修学旅行道中記」の最終回を『Go Go』にしました。

 最後になりますが、今回修学旅行で一番強く感じたことは、障がい者のための「バリアフリー」と社会では叫ばれていますが、日本最大の観光地においてもバリアフリーには、ほど遠いのが現状ではあり、とても残念な思いが心に残りました。やはり、何事も実際に体験してみないと真実はわからないということを痛感させられ、自分にとっても本当に良い経験をさせていただきました。ありがとうございます。

記事にジャンプ
修学旅行道中記 番外編 (画像 1)
修学旅行道中記 番外編
 あゆコロちゃんから、林中3年生の皆さんにメッセージが届いています。

記事にジャンプ