東名中学校 校歌

作詞 谷 鼎   作曲 信時 潔 

一、

自主正善に こヽろざし

真の道を もとめよと

ながれは清し あゆの川

いざや まなぶむ

二、

五体にちから たヽえては

ふるはむこころ うるわしく

尊かれと聳つ 芙蓉峰

いざや はげまむ

三、

空は冴えて 地はたひらかに

光りあり われらが行くて

いざや すヽまむ

校章

東名中学校 校章 校章の由来

西に大山を望み、その向こうに富士が顔をのぞかせている。
校名の通り、すぐそばに東名高速道路が走っているが、
春ともなると、辺り一面れんげの花におおわれる田園の中に本校はある。
校章は、れんげの花につつまれた東名中を表す。