平成28年度 玉川中学校学校経営プラン

1.学校教育目標

教育目標の根幹

人間として自己を実現することは、すべての人の生涯の目標である。その目標を達成させるべく教育の使命は、これからの知識基盤社会を生き抜く知識・技能を習得させ、それらを活用しさらに主体的に探求していく力を育み、個性を発揮するとともに、社会に貢献できる人間性を培うことにある。今回の教育基本法改正、学校教育法改正にともない、新学習指導要領では、生きる力を支える確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた子どもたちの育成を目指し、基礎的・基本的な知識・技能を習得させ、それらを活用し思考力・判断力・表現力等を伸ばすとともに、道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成することを基本的なねらいとしている。

本校においては、「一人一人の人間を大切にする教育の確立」を基本理念とし、自主的精神に満ち、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた逞しく生きる人間の育成をめざすことを学校教育の根幹としている。

学校教育目標
「明るく、正しく、逞しく」

☆ 明るく  共に支え合う明るく人間性豊かな生徒を育成する。

☆ 正しく  正しい理解と適切な判断のできる生徒を育成する。

☆ 逞しく  自己の未来を切り拓く逞しい心と身体を育成する。

2.めざす学校像、生徒像、教師像

めざす学校像

  • 地域・保護者と連携し、共に成長できる開かれた学校
  • 計画的・継続的に発展を続ける学校
  • 安全への配慮と点検を常に心がけている学校

めざす生徒像

自主的精神に満ち、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた逞しく生きる生徒

めざす教師像

  • 教育に対する熱意と使命感を持つ教師
  • 豊かな人間性と思いやりのある教師
  • 子どものよさや可能性を引き出し伸ばすことができる教師
  • 常に授業改善と教材研究に努める教師
  • 組織人としての責任感、協調性を有し、互いに高め合う教師

3.学校経営方針

経営方針

  1. 一人一人の生徒を大切にする教育の確立に努める。
  2. 各組織のチーム力を生かした学校運営の充実を図る。
  3. 学校評価を生かした組織的・継続的な教育活動の改善を推進する。
  4. 学校・家庭・地域の連携・協働による学校づくり、「社会に開かれた教育課程」を目指す。
  5. 小中一貫教育を推進し、資質能力を伸ばす9年間の「学び」と「育ち」の連続性を図る。

本年度の重点

  • 基礎的基本的な知識、技能の確実な定着を図るための指導方法の工夫と改善
  • ユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業改善・環境づくり
  • 生徒の主体的な取り組みを推進する生徒会活動の活性化
  • いじめ防止基本方針を軸に、生徒理解・生徒支援・生徒指導の充実
  • 保護者・地域(自治会・関係団体)から学校運営協議会を組織し、CS(コミュニティースクール)を実施する。
  • 安全安心な環境づくり及び防災意識の啓発
  • 人権意識の高揚、インクルーシブ教育の推進(みんなの教室の活用研究)
  • 健康と命の教育の推進

4.学校課題

  1. 基礎基本を定着させ、思考力・判断力・表現力の向上を図る授業改善
  2. 時処位に応じた正しい言動のとれる生徒を育成する生徒指導
  3. 支援が必要な生徒(家庭)への支援体制(外部機関との連携)の充実
  4. 自己肯定感、自尊感情、自己有用感を高める学級経営の工夫
  5. 学びの継続を意識した小中一貫教育の充実
  6. 安全・美化意識に富んださわやかな環境づくり
  7. 将来の生き方働き方を考えさせ、目標を持って生活するキャリア教育の充実
  8. 基本的な生活習慣を見直し、自身の健康管理を徹底する