校長先生のあいさつ

校舎の写真

校長 堀江 眞澄

平成30年度、新たに玉川中学校がスタートしました。

玉中に着任して、4年目を迎えました堀江眞澄と申します。どうぞよろしくお願いします。今年度も、玉川中学校の学校教育目標は「明るく、正しく、逞しく」の三つの目標を掲げます。

「明るく」とは、共に支え合う明るく人間性豊かな人になってほしいということです。友達を思う優しい思いやりのある人間関係を築き、いじめや暴力の無い、明るい学校生活を皆で守っていきたいと思います。

「正しく」とは、正しい理解と適切な判断のできる生徒になってほしいということです。しっかりと授業を受け正しい知識を身につけ、様々な場面で適切な判断のできる生徒になってほしいと思います。

「逞しく」とは自己の未来を切りひらく逞しい心と身体をつくってほしいということです。これからの複雑な社会を生き抜く生徒たちが、自分の将来の目標を達成するために、自分自身の心と体を鍛え、己の道を逞しく切りひらいてほしいと思います。

平成30年度玉川中学校は、150名の新入生を迎え、2年生139名、3年生127名の全校416名でスタートしました。今年もすべての学年が4クラスとなり、体育大会では、縦割りのダンスや学年を超えた競技種目を行う予定です。昨年以上に大いに盛り上がることと思います。また、生徒はみな元気に学習・部活動に励んでいます。小学校との一貫教育の推進、保護者や地域に開かれた信頼される学校を目指し、教職員一同一丸となり頑張ります。保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、平成30年度も玉川中学校へのなお一層のご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

今年度から、いよいよコミュニティースクールが始まります。地域の皆様や関係機関の皆様には、ご理解・ご協力ご協力のほどよろしくお願いいたします。

校長室からの最新記事

学校経営に関する文書