校章

校章

校章の形は、半円を交差して描いた安定した正三角形を保ち、図柄は郷土「荻野」にちなん で、禾本科植物の「オギ」を2本、対称的に配して郷土を誇らかに象徴し、また中学生の自覚 を高めるため中央に「中」の字を記している。

昭和25年、第2代校長林藤一郎先生の原案を元に、第10代校長(当時、美術科教諭)森住惣一郎先生が正式に制作し、誕生した。