校長あいさつ

72周年 369名でのスタート


 あたたかな春を迎え、今年は早く散ってしまった桜のかわりに春の花たちが色とりどりに、私たちを見てと言わんばかりに誇らしげに咲いています。美しい季節となりました。72年を迎える伝統あるこの依知中学校に、今年、新しく赴任させていただくことになりました。すれ違う生徒のさわやかな挨拶、集会での生徒の態度や聞く姿勢などから、素直で、笑顔の絶えない生徒たちとともに過ごすこれからの学校生活にわくわくしています。 今年度は127名の新入生を迎え、2年生127名3年生115名の369名でのスタートとなりました。3年生は少人数学級の4クラスを編成し、通常級12クラス、学習室3クラスを開設します。学習室生徒の交流授業参加にともない、全学年4クラス編成にすることにより、体育大会や、文化発表会での縦割りを重視した活動を考えています。学年を超えた枠で活動することにより、3年生のリーダーシップや1,2年生の協力性を養い、集団で創り上げる喜びや達成感を味わわせたいと考えています。  学校目標には「未来の創り手となる「学ぶ意欲」「豊かな心」「健やかな体」の育成」を掲げました。自ら課題を見つけ行動できる自主性を育み、人との関わりの中で響きあい、奏であい、心ふるわせ、物事に感動する心を育て、自分や人を大切にし明るく元気な学校生活を送ってほしいという願いが込められています。これらの目標のもと未来の創り手となる社会でたくましく生きることのできる生徒の育成を図っていきたいと思います。また、昨年から始まった学校運営協議会をさらに充実させ地域の方や保護者の皆様のご支援のもと、地域とともに歩む学校づくりをすすめてまいりたいと思います。  平成30年という節目の年あたるこの1年、子ども達の未来にむけて、夢の実現にむけて、職員一同、一丸となって愛情と情熱をもって進んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

学校長 佐藤 彩子

校舎写真

校長室からの最新記事

表示項目はありません。

学校経営に関する文書