平成30年度学校教育目標

1 学校教育目標

未来の創り手となる「学ぶ意欲」、「豊かな心」、「健やかな体」を身に付けた生徒の育成



 

2 めざす生徒の姿


(1)

思いやりの心と物事に感動する心をもった生徒


(2)

自ら課題を見付け行動できる自主性のある生徒


(3)

学び方や規範意識を身に付け、自己を律し、自律した生徒


3 学校経営の方針


(1)

生徒が学習内容を深く理解し、資質・能力を身に付けるようにする。

 


(2)

望ましい人間関係づくりから思いやりの心と豊かな感性を育む。


(3)

特別な教科である「道徳」の時間の充実を図り、道徳性を養う。


(4)

一人ひとりのニーズに応じた適切な支援教育を推進する。


(5)

学校運営協議会を活用した地域社会との連携を推進する。

4 教育指導の重点


(1)

安心安全を重視した取組

○ 実践的な避難訓練の実施(毎学期)
○ 環境コンクールの実施(毎学期)
○ 依知地区「合同引き渡し訓練」の実施
○ 地域行事等への参加体制の整備
○ 安全防災指導の充実
○ 安全安心パトロールの実施


(2)

学ぶ意欲を育む取組

○「見合う授業」による授業力向上
○ 依知検定の実施(年3回)
○ 定期テスト前「学習会」の実施
○ サマースクールの実施
○ 職場体験・進路学習の充実
○ 家庭学習習慣化への取組 ○ 放課後学習会への取組


(3)

豊かな心を育む取組

○ 文化発表会への取組 ○ 道徳授業の充実(道徳的実践意欲の向上)
○ 地域行事への参加 ○ 道徳ゲストティーチャー授業の実践
○ いじめ防止対策の推進
○ 生活アンケートと定期教育相談の実施
○ MVP(生徒の行い賞賛事業)の継続


(4)

健やかな体を育む取組

○ 体育大会への取組 ○ 各種検診による健康意識の向上
○ 心の健康に関する講演会
○ 部活動の活性化
○ 各種相談機関との連携強化
○ 宿泊体験行事の充実
○ 生徒会主催の球技大会等の実施