教育目標

  • 知・徳・体の調和のとれた、心豊かで、たくましく生きる生徒の育成

人格の形成期として最も多感な中学生の時期に、学力・体力・精神力を培い、集団生活を通して、社会の規律や規範の基礎・基本をしっかりと身に付けさせることは重要である。
さらに行事や諸活動を通して、正しい判断力・旺盛な想像力・積極的な実践力を育成し、社会の一員として、逞しく「生きる力」を発揮することができるよう、本校の教育目標を次のように設定した。

学校教育目標

  1. 自ら考え、学ぶことのできる生徒の育成
  2. 心豊かな生徒の育成
  3. 各教科の基礎・基本の徹底
  4. 安全で安心して学べる学校・学習環境づくりの推進
  5. 地域に開かれた学校づくりの推進

めざす生徒像

  1. 明るくあいさつのできる生徒
  2. 他人を思いやる気持ちを持つことのできる生徒
  3. 目標を持って、進んで心身を鍛えることのできる生徒

めざす教師像

「して見せて、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらずば、人は動かない」

  1. 人権感覚に富み、人間味あふれる教師
  2. 心で勝負できる、指導力のある教師
  3. プロフェッショナルとしての自覚を持ち、実践力のある教師