校歌


作詞 宮沢 章二 作曲 高橋 鐵雄



相模の流れ 水ひかり
みどりの庭に 照る望み
にじをくぐる道の
向こうにも 友がいて
たがいに 喜びの手をふる日
厚木戸田小 あたたかく
いのちの花が 薫り合う



豊かな夢を 大山の
すがたにえがく 春と秋
そだつ 智恵と力
鍛えよう たくましく
たがいに 励ましの声かけて
つよく生きぬく 歌あふれ
未来の風が ここに湧く


校章

戸田小学校 校章

 三つの稲穂と三艘の渡し船(戸田の渡しの歴史より)を中央の太陽のまわりに配置構成した。この稲穂は、戸田学区の風土とそこに育む児童の健全な成長を表現している。また、三艘の船は、学校、家庭、地域が互いに連携しあい、青空(太陽、スクールカラーの群青)のもとで発展していく様子を表している。