PTA会長挨拶

 

「森小を支える地域と家庭の輪を広げよう」

子どもたちを取りまく社会や家庭環境が著しく変化している中で、学校と家庭と地域をつなぐ懸け橋として、PTA活動の役割はますます重要なものとなっています。
 森の里地区は地域イベントなどを通じ人々のつながりが活発な地域であり、森の里小学校の児童の育成にも積極的に尽力していただいている数多くの団体やネットワークがあります。森の里小学校のPTA活動は森の里地区で活動している多くの団体やネットワークとのつながりを広げていくことを方針に活動を進めてきており、フレンドリーデーを始めとする様々なイベントや講座などにおいて、すでに地域ぐるみの連携が図られ、活発なコミュニケーションが図られています。
 今年は、「森小を支える地域と家庭の輪を広げよう」を活動方針とし、新しく始まったコミュニティ・スクールなどを通じ、子どもたちを支えてくださる地域の方々とのつながりを継続的により発展させ、児童の保護者もPTA活動を通じた地域とのつながりをより実感できることを目指します。
 子どもたちが将来、森の里小学校を誇りに思い、地域の人たちに支えられ成長したことが実感できるよう、「学校」、「地域」、「家庭」がさらに連携を深め、森小を支える輪が広がるよう、PTA活動を進めていきます。

厚木市立森の里小学校 PTA会長 小林 範仁