森の里小学校

夢と笑顔と元気かがやく森の里小学校

「夢と笑顔と元気かがやく森の里小学校」をキャッチフレーズとして、森の里小学校の平成30年度が始まりました。

4月5日。始業式の朝には、進級してお兄さん、お姉さんになった子ども達が元気いっぱい登校してきました。校庭に整列する子ども達のあふれんばかりの笑顔とやる気に出会い、私を含め全職員が、一人一人を大切に育てていこうという思いを強くしました。

そして入学式。38名の新入生達が、小学生になった喜びをぴかぴかのランドセルに詰め込んで入学してきました。そんな子ども達のために、たくさんの地域の方がご来賓としてかけつけてくださいました。また、多くの保護者やご家族の皆様が参加してくださいました。そこには、子ども達の入学を皆で祝うとともに、子ども達の健やかな成長を見守り、育んでいこうとする温かな愛があふれていました。

森の里小学校に着任し、多くの方との出会いの中で感じているのは、保護者や地域の皆様、そして教職員の子ども達に向けるまなざしの温かさと使命感の強さです。今日までさまざまな立場の方とお話しする機会を得ましたが、皆さん異口同音に「子ども達のために。」「子ども達の笑顔に出会えるのが幸せです。」「子ども達とのふれ合いを通して元気をもらえます。」と、それは嬉しそうにお話しくださっています。

そんな「夢と笑顔と元気かがやく森の里小学校」で、地域や保護者の皆様とともに、さまざまな活動や取組を展開していけることをとても幸せに思います。常に子ども達を中心に据え、教職員一同力を合わせて教育活動に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


平成30年4月 森の里小学校校長 中村 明子

校長室からの最新記事

表示項目はありません。

学校経営に関する文書

配布文書はありません。

学校だより

校庭の樹木