学校のあゆみ

学区の概要

本校がある飯山地区は、厚木市の北西部に位置し、一部は清川村と接している。学区は、小鮎川に沿うように細長い地形となっており、下流域より順に千頭・日枝・宮の里・中飯山・上飯山の5つの地区で構成されている。中・上飯山地区には桜でも有名な飯山観音や飯山温泉郷がある。また、宮の里地区は、住宅都市整備公団により新たに造成された地域で、宮ヶ瀬ダム建設に伴う土地提供者の方々の代替地を中心とした住宅地である。
 校舎は南向きの丘陵地高台に雛壇状に建てられ、屋根は切妻様式である。教室の窓からは、西に雄大な裾を引く大山を仰ぎ、南は小鮎川を挟み小鮎の台地がなだらかに続く。東は厚木の市街地が眼下に広がり、その先には横浜や新宿の高層ビル群が一望できるなど素晴らしい景観に恵まれている。
 開校当初より地域の方々の学校に対する理解も深く、児童も明るく素直であり、自然に恵まれた中で落ち着いた生活を送れる環境にある。

飯山小学校の沿革

昭和59年 4月1日開校〔小鮎小学校から分離〕
  プール完成(7月)
  校歌校章制定(12月)
  県教委指定研究校「ふれあい教育」[2年]
昭和60年 県教委指定校「学園緑化」 
昭和61年 県教委指定研究校「理科」[2年]
  県健康優良学校表彰(11月)
昭和62年 県よい歯の学校表彰(10月)
昭和63年 県交通安全優良学校表彰(11月)
平成 元年 県健康優良学校表彰(11月)
平成 2年 県健康優良学校表彰(11月)
  学校園通路階段移設(2月)
平成 3年 県健康優良学校表彰(11月)
  北棟非常階段屋根設置(8月)
平成 4年 市教委指定研究校「生活科」[2年]
平成 5年 校庭改修・スプリンクラー設置(3月)
平成 6年 県教委指定研究校「T・T(生活)」[2年]
  創立10周年・PC教室設置(12月)
平成 7年 事務室設置(8月)
平成 8年 体育館照明灯懸架式改修(1月)
平成 9年 飼育小屋設置(8月)
平成10年 音楽室床改修(8月)
平成11年 図書室床改修(1月)
平成12年 市教委指定研究校「全領域」[2年]
  ふれあい坂校地入口門扉設置(1月)
平成13年 体育館ステージ幕改修(1月)
  全教室テレビ独立方式切替(9月)
平成14年 自校給食調理場完成(3月)・開始(5月)
  北棟1階児童クラブ室設置(8月)
平成15年 創立20周年記念事業(11月)
平成16年 校舎屋上漏水防止改修(11月)
平成17年 正門東門防犯用カメラ設置(9月)
  文科省指定研究校「伝え合う力」[2年]
平成18年 図書室冷房機設置(8月)
  文科省委託研究校「伝え合う力を養う調査研究」発表(11月)
平成20年 県教委「絆(きずな)づくり推進事業」実践校
  校内LAN整備(8月)
平成21年 小中一貫教育推進事業指定研究校[2年]
平成23年 南棟1〜4階トイレ改修(8月)
平成25年 県学校給食優良学校表彰(11月)
  創立30周年記念行事(12月)
平成26年 太陽光発電システム設置(3月)
平成28年 普通教室冷暖房機設置(2月)