上荻野小学校

校長あいさつ

自分も楽しく 人も楽しく

大谷校長

学校長 大谷 京司

4月5日(木)、73名の新入生を迎え、平成30年度入学式を挙行いたしました。校庭の西側の桜は、入学式前日にほとんど花を落としてしまったものの、それにかわって現在は、南側の濃いピン ク色の八重桜が満開となり、改めて新入生を歓迎しているようです。

今年の1年生の学年のめあては「なかよし」。入学式当日新担任から、友だちをたくさんつくって楽しい学校生活にしましょうと新入生に紹介されました。

私も式辞の中で、いろいろな場面で、「自分も楽しく 人も楽しく」するにはどうしたらよいか考えて、友だちに言葉をかけたり、行動してみてくださいと新入生たちに投げかけました。大人の世界でも簡単そうで実は難しいこの課題ですが、子どもの世界だからこそ、もっとシンプルに実現できるのではないかという期待もあります。

入学式翌日、下校時に門の所で子どもたちを見送っていると、1人の低学年の子が大泣きして転がっています。どうしたのか心配でしたが、理由を聞いて少しうれしい気持ちになりました。その子は、新しく始まった学校が楽しくて楽しくて、3時間で下校になってしまうのが嫌で帰りたくないという理由から大泣きしていたそうです。「下校しぶり」の子が、また、希望を膨らませて登校してくると思うと、こちらもわくわくします。

学校教育目標

 

自ら学びを拓き しなやかな心と体で
共に生きる社会を創ろうとする子どもの育成