校長あいさつ

平成29年度がいよいよ始まりました。着任2年目のスタートです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

5日に78人の新1年生が元気に入学し、毛利台小学校は、総勢571人の子どもたちとなります。まるでこのときを待っていたかのように、校庭の桜も咲き始めました。

職員の異動等も多い年度となりましたが、より若返った新しいスタッフで毛利台小の子どもたちのために一丸となってがんばってまいります。

昨年度、県や市から指定を受けインクルーシブ教育の研究を進めてきたところです。インクルーシブ教育とは、一言で言えば一人一人を大切にする教育であるととらえています。今年度は、そのインクルーシブ教育を学校の基盤として学校を経営していきたいと考えています。

来年度(平成30年度)は、学校運営協議会を立ち上げ、コミュニティスクールとしてスタートさせることになります。その準備の年度でもあり、今まで以上に保護者の皆様、地域の皆様と連携が必要となります。

保護者の皆様、地域の皆様、どうぞご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

平成29年4月
毛利台小学校長  山田 淳司