校歌

作詞:森田 壽雄   作曲:曽我 晃也

1.
はるかな ながめ ひろいそら
のぼる あさひが こうしゃをそめて
さがみの うみに かがやけば みちてくる よろこびに
みんなの ひとみが もえあがる
さわやかに げんきで いこう とびお
とびお みどりの とびお

 

2.
むらさきにおう やまのなみ
あすの きぼうの ゆうやけぐもが
あふりのみねに かがやけば みちてくる しあわせに
みんなの ちしおが わきあがる
きびきびと なかよくいこう とびお
とびお せかいの とびお

校章

鳶尾小学校 校章

ふるさとの山、鳶尾山ならびに校名に因み、児童の興味に基づいて、翼をいっぱいに広げて尾羽を開き、大空に輪をえがきながら悠々と舞う鳶の姿を表現している。
翼をつないだ三羽の鳶は、とびおの栄光をたたえるかのように仲よく向かいあって位置し、本校の教育目標である健康、創造、責任を表し、人間教育における知徳体の調和を強調している。