ファミリー・コミュニケーション運動

近年の少子化、核家族化といった社会の変化や携帯電話・テレビゲームなどの影響を受けて、家庭内でのコミュニケーション不足が指摘されています。

県教育委員会といじめ・暴力行為等防止運動推進会議では、いじめや暴力行為等の未然防止を目的として、PTA・学校・行政機関が連携して「もっと話そうよ。大切な家族だから。」というキャッチフレーズのもと、家庭でのコミュニケーションを大切にし、子どもたちが自分の気持ちを素直に表現する力や相手を思いやる気持ちを育む「ファミリー・コミュニケーション運動」を推進しています

 
ファミリー・コミュニケーション運動

詳しくはこちらをご覧ください

神奈川県ホームページへ