学校のあゆみ

学区の概要

本校は、厚木市の南部、伊勢原市に隣接する位置にあり、西に丹沢山塊を望み、北側を玉川が流れ、梨畑と水田に囲まれた低地部にある。
 本学区は往年、愛甲原台地の畑と水田の広がる低地からなり、実り豊かな田園地帯であった。ところが、昭和初年小田急電鉄の開通により愛甲石田駅が開設し、戦後は、東名高速道路はじめ、国道246号線、小田原厚木道路が横切り、船子バイパスが出来るなど交通の要衝となった。それに伴い、愛甲原住宅団地等の急速な宅地化が進み、人口も増加し昭和51年に新学区として発足した。

沿革

昭和51年 4月 厚木市立南毛利小学校から、愛甲・船子地区が分離・独立
昭和52年 2月 校章・校旗・校歌を制定
昭和54年 6月 プール完成
昭和55年 8月 夜間照明施設新設、校庭開放
昭和57年 4月 公民館併設の体育館、校舎増築(B棟・C棟)完成
昭和61年 3月 創立10周年記念式典挙行、植物観察園「ふれあいの森」完成
昭和62年 12月 楽焼き庫完成
昭和63年 9月 阿夫利の間完成
平成 2年 4月 校庭改修工事完成(スプリンクラー設置)
平成 2年 10月 PC教室完成
平成 6年 3月 体育器具庫完成
平成 6年 9月 正門前信号機設置
平成 8年 3月 創立20周年記念誌「なしのみ」発行
平成 8年 11月 ISDN電話回線設置、インターネット接続、「こねっとプラン」参画
平成10年 8月 PC教室、全児童PCにインターネット接続
平成10年 10月 「かながわゆめ国体」へ合唱隊(6年生)参加
平成12年 11月 和田傳生誕百周年記念事業に和田傳作詞の校歌を発表
平成13年 9月 耐震工事完了
平成16年 4月 「心の教室」(相談室)設置
平成17年   創立30周年記念事業実施・創立30周年記念誌「なしのみ」発行