学校経営方針

(1) 学校経営の基本にすること

1.国・県・市の方針から

○教育基本法、学校教育法及び学習指導要領に掲げられている目標を達成するよう教育を展開します。

○「生きる力」の理念を継承し、新しい時代に求められる資質や能力の育成を目指します。

  1. 知:質の高い学力
  2. 徳:豊かな心
  3. 体:健やかな体

○厚木市教育委員会基本目標「拓く力」「感じる力」「築く力」を達成するように教育を展開します。

2.児童の「個性化」「社会化」「安定化」を図ることを全ての教育活動の基本とします。

  • 「個性化」では、一人一人の児童が目標に向けて、自分の持つ力を十分に伸ばすことをめざします。
  • 「社会化」では、様々な能力・適性・家庭等の背景の違う児童が、学校という集団の中で主体的・実践的な力を伸ばし、地域や人とのつながりの中で協力して成し遂げる喜びを味わうことをめざします。
  • 「安定化」では、自らコントロールし、心身ともに健康で安心して生活できることを基盤とした学校・学年・学級作りをめざします。

(2) 学校教育目標

  • 思いやりのある子どもに育てます
  • 目標に向けて、ねばり強く考え、学習や仕事に励む子どもに育てます
  • 地域を大切にし、地域の人々に学ぶ子どもに育てます
  • 進んであいさつができる子どもに育てます
  • 体を鍛え、健康・安全を大切にする子どもに育てます
(相互尊重、共生)
(知性・勤勉)
(地域愛)
(礼儀)
(体力・健康)

(3)児童のめあてと育てたいと願う子どもの姿

児童のめあて 育てたいと願う子どもの姿  ※卒業時を想定
もに そだとう
(おもいやりのある子)
・「立場」の違いや多様性を認め、自分自身の存在についても自信を持っている。
・みんなでやり遂げる喜びを知っている。
・異年齢集団の活動に参加し、役割と責任を果たす。
ちゅうでとりくもう
(ねばりづよくかんがえはげむ子)

くねんかんをたのしもう
・各教科「概ね満足できる状況」以上で中学校につながる学力を身につけている。
・自分の学習を振り返り、学習の仕方を考えることができる。
・毎日の目標を決めて、学習等に取組む。
・働く喜び、大切さに気づいている。
びよう とむろで
(ちいきにまなぶ子)
・地域の方々から多くのことを学び、地域の人々への感謝の気持ちにあふれている。
・地域に貢献しようとする意欲が見える。
はようからはじめよう
(えがおであいさつできる子)
・相手に応じて気持ちのよいあいさつができる。
・心地よい人間関係づくりの大切さに気づいている。
らだをきたえよう
(けんこうであかるい子)
・自らの健康と体について関心を持ち、生活習慣がしっかりしていて、活力にあふれている。
・運動の習慣が身についている。

(4) 今年度の重点

  • 安心・安全な学校・学級づくり
  • 特別活動の充実により、児童の自主的・実践的な態度の育成
  • 学習意欲を高める授業づくり
  • 基礎的・基本的な学習内容の確実な習得と家庭学習の習慣化
  • 支援教育体制を整備し、一人一人の児童に寄り添う指導の一層の充実
  • 同僚性の向上、ゆとりと熱意に満ちた教師と教師集団をめざす

校内研究テーマ

認め合い学び合う集団づくり 〜 自主的・実践的な態度を育む学級活動