校長室から

若葉の輝きとともにスタート!

校長 山田 博子

今年の桜は、開花が早く、4月5日(木)の入学式にはほとんどが散ってしまいましたが、その枝からは新しい若葉が色艶よく日に輝いています。学校の周りの街路樹の木々もそれぞれの若葉が、淡い緑色から日に日に濃さを増してきています。この時期の緑色はとても清々しくて心も洗われるような感じがします。学校にも新しい若葉のようにきらきらと瞳を輝かせた新1年生107名が入学して、児童数635名で新学期をスタートすることができました。

始業式、校庭に集合した子どもたちは、真剣なまなざしで話を聴き、一つ上の学年に進級し、がんばるぞという意気込みが伝わってきました。私から子どもたちに、「毎日元気に笑顔で学校に来ること」「よく勉強すること」の二つを話しました。新学期の始めには、どの子もこれまでの自分から、さらに成長した新しい自分になるという期待をもって登校します。その気持ちを大切に、一人ひとりがもつそれぞれの若葉色が、新しい学年、新しいクラス、新しい友だち、新しい教室、新しい先生と、さらに輝くことができるよう教職員一同、「チーム緑ケ丘」となって子どもたちの教育にあたって参ります。

今年度の学校教育目標は、引き続き「心豊かでたくましく 自ら学ぶ児童の育成」です。児童のめあてとして「よく考える子・仲良くする子・がんばる子」を掲げています。学級の中に一人ひとりの居場所があり、安心して過ごすことができますよう、そして、学習の力をさらに伸ばせるよう、授業を中心とした教育活動に取り組んでまいります。そして、ますます笑顔あふれる元気な学校にしていきたいと考えます。

子どもたちの笑顔のために学校、保護者、地域の皆さんと一丸となって成長を見守り、力を注いでいけるようにご理解、ご協力をお願いいたします。


入学式の様子


表示項目はありません。