平成28年度の学校経営について

1.平成28年度の学校経営の基本にすること

(1)国・県・市の方針から

  • 教育基本法、学校教育法及び学習指導要領に掲げられている目標を達成するよう教育を展開します。
  • 「生きる力」の理念を継承します。 (1)知:質の高い学力 (2)徳:豊かな心 (3)体:健やかな体
  • 厚木市教育委員会基本目標「拓く力」「感じる力」「築く力」を達成するように教育を展開します。

(2)児童の「個性化」「社会化」「安定化」を図ることを全ての教育活動の基本とします。

  • 「個性化」とは、一人一人の児童が自分の持つ力を十分に伸ばすことです。
  • 「社会化」は、様々な能力・適性・家庭等の背景の違う児童が、学校という集団の中でリーダーシップ、フォローアップのあり方を学び、協力して成し遂げる喜びを味わうこととおさえます。
  • 心身ともに安心して暮らせること(安定化)を底辺(基盤)とした学校・学年・学級作りをめざします。

2.学校教育目標

(1)キャッチフレーズ

大楠の木のもとで  より良く深く考えて  やさしく  あかるく  たくましく

(2)学校教育目標

  • 地域に学び、地域を大切にする子に育てます (地域愛)
  • より良く深く考えて、学習や仕事に励む子に育てます(知性・勤勉)
  • お互いを認め合うやさしい子に育てます (相互尊重・共生)
  • 進んであいさつのできる子に育てます (礼儀)
  • 体をきたえ、大切にする子に育てます (体力・健康)
← 大楠の木のもとで
← より良く深く考えて
← やさしく
← あかるく
← たくましく

3.こんな子どもに育てたい考えています(学校目標の具体像)

学校目標の具体像

4.こんな取り組みをしていきます(学校教育目標達成のために)

学校教育目標達成のために

今年度の重点

  • 学び合いのある授業を展開します。
  • 元気なあいさつのあふれる学校にします。
  • 確かな学力を全児童に身につけさせるために努力します。
  • 体力づくりの推進を図ります。
  • 支援教育体制を整備し、一人一人の児童に寄り添う指導と指導体制の充実を図ります。
  • 安心・安全な学校・学級づくりを推進します。
  • ゆとりと意欲に満ちた教師と教師集団をめざします。