PTA

PTAの目的及び活動

《目的》
この会は、保護者と教職員が協力して家庭と学校と社会における児童の幸福な成長を図ることを目的とする。
《活動方針》
1 よい保護者、よい教職員となるよう努める。
2 家庭と学校との緊密な連携によって、児童の生活を指導する。
3 児童の生活環境の改善を図る。
4 公教育を充実することに努める。
5 その他、本会の目的達成に必要な活動をする。

各委員会のねらい

成人教育委員会
会員相互の教養を高めるために、随時学級講座を開設し、教育的な催しに参加する機会を与える。
広報委員会
会員相互の情報の伝達、意見の交換に努める。
校外指導委員会
児童の校外での安全、並びに児童相互の自主的集団生活を指導する。
学級学年委員会
各学級との連絡を密にし、教育的諸活動に協力する。

玉川小学校PTA組織図

平成29年度 玉川小学校PTA組織図

拡大図

活動スローガン 「豊かな心 家庭の力」

PTA活動の様子

家庭学習がんばりの木

記事画像1 記事画像2
9月18日(水)の授業参観・懇談会の時に、保護者の方が、先週行われた家庭学習充実週間の振り返りを書き、1階のがんばりの木に貼っていただきました。

「音読 大きな声ではっきりと発音していたね。これからもがんばってね。」
「自主的に学習、行動していたね。あと半年、がんばってね。」
「宿題を自分から取り組んでいる事、すごいと思います。これからもがんばれ。」

などあたたかい言葉をたくさんいただきました。

翌朝には、多くの児童が、家庭学習がんばりの木のコメントを読み、喜んでいました。

学校保健委員会・家庭教育学級が開催されました

記事画像1 記事画像2 記事画像3
9月18日の午前中に、学校保健委員会・家庭教育学級が開催されました。今回は、「男の子の性について」という講演を聞きました。

男の子の、心と体の成長やそれにともなう変化、現在の性情報や性教育について聞いたり、講演の途中で、「どのように、家庭で性の話題を出せばよいのか」についてグループでディスカッションをしました。その後、家で性について話すときのポイント等が紹介されました。

参加した保護者の方から「今まで,話題にすることを避けてきたけど、今日のお話を参考に家で話題にしたいと思います」「とても勉強になりました」等の感想がありました。

「通学路 学童が通ります 注意」──玉小PTA、のぼりを立てる

記事画像1 記事画像2 記事画像3
9月10日、玉川小学校の学区を通ると、あちこちに「通学路 学童が通ります 注意」の幟(のぼり)が立っているのに気が付きます。

実は、玉小PTA本部が中心となり、子どもたちの地元での交通安全のために幟を作成し、設置しているのです。黄色をベースとした幟は遠くからでも目立ち、車を運転する大人たちに事故防止を呼びかけています(写真上、中)。

また、玉川地区では登下校時を中心に地域のみなさんが児童を見守る活動がずっと続いています(写真下 学校西側の交差点)。学校でも毎学期最初に下校訓練を行い、子どもたちに安全に登下校するときの注意点を確認しています。

子どもたちの安全のためにPTA、地域、学校が連携して取り組んでいる玉川小学区です。

温かな「おはようございます」──PTAあいさつ運動

記事画像1 記事画像2
9月3日から2学期のPTAあいさつ運動が始まりました。

朝、PTAのみなさんが奨学橋や西門前の横断歩道脇に立ち、登校してくる子どもたちに「おはようございます」の声をかけます。すると、元気な声、恥ずかしげな声、心のこもった声、いろいろな「おはようございます」のあいさつが返ってきています。(写真上)

また、地域の交通安全指導員のみなさん、見守り隊のみなさんも交通安全のためにあちこちに立ち、気を配っています。(写真下)

保護者や地域に守られ、そして交流している玉川小の子どもたちです。

環境整備作業 2学期に向けて

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月24日の午前中に環境整備作業を行いました。

夏休み中にのびた校庭の草取りやトイレ掃除などを保護者、教職員、地域のスポーツ少年団と協力して行いました。夏休みの終わりの貴重な土曜日の午前中にも関わらず、約100名の参加者がありました。おかげさまで、来週、8月29日からの2学期が気持ちよくスタートできそうです。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

陰で支える保護者や卒業生ボランティア──6月1日その15

記事画像1
校長の高澤です。

6月1日の運動会は成功裏に幕を閉じましたが、会場準備や運営、後片付けでは数多くの保護者や卒業生ボランティアのみなさまのご支援をいただきました。

・児童用テントの購入を援助してくださった地域の篤志家の方やPTAのみなさま
・前日のテント張りなど会場準備を手伝ってくださった保護者ボランティアのみなさま
・当日の用具係などのさまざま係活動に協力してくれた卒業生ボランティアのみなさん
 (玉川中、森の里中の在校生など、30人近くが力を貸してくれました)
・閉会式のあとの机・椅子・テント・用具などの撤収を子どもたちや教職員と一緒に汗を流してくださった保護者のみなさま

玉川小の運動会で子どもたちが安心して様々な種目に取り組むことができたのは、みなさまのご尽力があったからこそです。ありがとうございました。

絆 玉小ソーラン(5・6年生)──6月1日その12

記事画像1 記事画像2
いよいよ5・6年生の表現「絆 玉小ソーラン」です。学校の中心として下級生を引っ張っている5・6年生ですが、その気持ちが表れていた演技でした。特に、6年生にとっては最後の運動会です。いつもにも増して気迫あふれる姿に、会場の下級生や保護者・来場者からは惜しみない拍手が送られていました。

また、1〜4年生は正面から5・6年生の演技が見られるように、観客席ではなく本部前に座って上級生の発表を見ていました。きっと「5・6年生はすごい」「早くソーランを踊りたい」などさまざまなことを思ったことでしょう。

玉小ソーランの衣装である「はっぴ」の製作については、「ハッピでみんなをハッピーに第1弾!」などで紹介してきましたが、有志保護者のみなさまに多大なご協力を得て進めてきました。みなさんの思いは子どもたちに伝わっています。どうもありがとうございました。

応援合戦──6月1日その9

記事画像1 記事画像2
午後の部の開始です。

まず、PTA会長の励ましのあいさつがありました。それを受けた子どもたちは応援合戦へのやる気を高めていました。

学級で選ばれた応援団のリードで白組、赤組とも熱の入った応援が繰り広げられました。運動会にかける気迫が感じられます。

綱引き(4〜6年生)、PTA綱引き(来賓、PTA)──6月1日その6

記事画像1 記事画像2 記事画像3
いよいよ運動会恒例の力比べ「綱引き」です。

紅白対抗として4〜6年生の児童が参加し、応援席の1〜3年生の声援を受けて、力を合わせて綱を引いていました。(写真上・中)

次はPTA種目の綱引きです。保護者のみなさんがPTA会長チーム、副会長チーム、校長チーム、教頭チームに分かれ、力を競いました。また、卒業生の中学生も何人も特別参加するなど、会場の一体感を盛り上げていました。(写真下 勝利に喜ぶ姿)

おはようございます!──朝のあいさつ運動(PTA&学校)

記事画像1
大型連休も終え、いよいよ学校が再開した5月7日(火)の朝、おはようございますの挨拶が通学路に飛び交いました。今日から3日間、PTAのみなさんが中心となり、あいさつ運動が通学路2か所で実施されています。また、先生たちもいつもの横断歩道に加えて、児童館や消防署前などに立っています。

さわやかな挨拶で始まる一日、いいものです。

PTA広報紙

配布文書はありません。