教育目標

経営の基本方針

憲法・教育基本法・学校教育法・神奈川県及び厚木市教育委員会等の方針に基づき、本校の伝統と地域・児童の実態をふまえ、豊かな心を持ち自己の目標に向かって努力したくましく生きる力をもった児童を育てるため教育目標を設定し、全職員が信頼と和を深め、一人一人の個性と創意を生かして協働し学校教育目標の具現化を図る。

  1. 学校教育目標を共通理解し、全教育活動を通して具現化を図る。
  2. 創意ある教育課程を編成し、「確かな学力」の向上等、「主体的・対話的な深い学び」の推進に努める。
  3. 教職員が切磋琢磨し、協働するなかで、お互いの力量を高め資質の向上を図る。
  4. 地域の豊かな自然と特色を生かし、体験的・問題解決的な学習の推進に努める。
  5. 学級経営を通し、児童理解に努め「豊かな人間性」を育むための取組みを推進する。
  6. 一人一人の実態を把握し、個に応じた支援教育の充実に努める。
  7. 「開かれた学校」をめざし、家庭・地域・公民館等関係機関との連携・協働に努める。


学校教育目標

《ひびきあう学校》

豊かな人間性とたくましく生きる力をもった児童の育成

めざす児童像

た・・・たくましい子      (健康)

ま・・・まなびあう子      (学習)

が・・・がんばる子       (生活)

わ・・・笑い声あふれる仲間   (人間関係)


今年度の重点

〈ひびきあう心〉

仲間を大切にし、活動に積極的に取り組む児童の育成

〈ひびきあう学び〉

わかる授業、学習意欲を高める指導の工夫

〈ひびきあうこだま〉

人や自然とのかかわりを大切にする活動の充実