ひびきあう学校づくり

ひびきあう学び

1年生 鍵盤、弾けるかな

記事画像1
1年生の音楽の授業です。鍵盤を使って、正しい指使いでド、レ、ミ、ファ、ソを弾く練習をしています。「どんぐりさんのおうち」を楽しく弾いたり、歌ったりしています。

音楽の授業では、思いきり体を動かし、声も出して、みんな生き生きしています。

バスケットボールに夢中です──5年生の体育の授業

記事画像1 記事画像2
 5年生の体育の学習では、バスケットボールを行っています。今日は、シュート練習と試合形式で授業を進めました。
 手先だけでなく、体全体を使って、しっかり狙いをさだめられるようにシュート練習を繰り返しました。みんな、すごく真剣です。
 試合では、攻めるだけでなく、守る時にマークする相手を意識しながらゲームを行っていました。仲間と声をかけ合い、協力し合ってゲームを楽しむことができていました。

板書とプリントの工夫──2年生の図画工作の授業

記事画像1 記事画像2 記事画像3
2年生の図画工作の授業です。先生が板書を使いながら、子どもたちに活動の説明をしています。(写真上)

ところが、板書が少し奇妙です。左側に図工の作品例が挙げてあるのはいいのですが、黒板中は、一番上に単元の名前、その下に今日の日付が書いてありました。普通は、この逆です。(写真中)

実は、この順番は、子どもたちが書き込むプリントに合わせたものです。この単元で使うプリントは何枚もあります。だから、プリントでは一番上に単元名を書き、その下に日付の欄を設けています。(写真下)

そこで、板書も「単元名」「日付」の順番にした方が、2年生の子どもたちにとってはプリントへの書き込みが楽にできるわけです。

こんなところでも、玉小の先生たちの工夫が生きています。

チャレンジルームスタート

記事画像1
 9月7日に2学期のチャレンジルームがスタートしました。高学年のチャレンジルームでは、9月はパソコンを使ってキーボード練習をしています。今日は、6年生が大勢やってきて、キーボード練習を楽しく学習しました。

 チャレンジルームでは、普段の授業で普段の授業でやりきれなかった学習をしたり、授業で興味を持ったことをさらに追究して調べたり、学んだりしています。多くの子がチャレンジルームを利用するように、これからも呼びかけていきます。

あちこちで授業が進む──2学期二日目の授業(その3)

記事画像1 記事画像2 記事画像3
5年生は少人数に分かれ、体育と理科の授業でした。6年生は学級活動です。

5年生の体育は体育館です。換気に気をつけながら体慣らしの運動やゲームを進めていました。理科は屋外の植物の観察です。虫眼鏡を片手に学級花壇で植物を見つめていました。

6年生はこれからのいろいろな行事の流れを確認しながら、中心となる係などを考えて決めていました。さすが、6年生です。

(写真:5年生、6年生の様子)