ひびきあう学校づくり

ひびきあう学び

どんどんならべて 1年生

記事画像1 記事画像2
1年生の図工の授業です。

身近にあるものをどんどん並べたり、積んだりして造形遊びをしています。グループの子たちと、相談をして何を並べるか、並べて何をつくるか決めています。

活動を行っている間に、どんどんアイデアがわいてくるようです。各グループでどんなものが完成するのかな?

ひっこりはんでタマゴリアン 英語集会

記事画像1 記事画像2
1月16日(水)の昼のモジュールタイムに体育館でタマゴリアン(英語集会)が開かれました。

今回のタマゴリアンのテーマは、上、下、右、左、真ん中などの方向です。
はじめに、担当の先生たちと英語での方向の言い方を習いました。その後は、担当の先生が、顔を隠し、上や下、右や左、それとも真ん中、どこからひょっこり出てくるか当てるゲームをしました。子どもたちは、予想した場所に移動して、発音しながら、先生の顔がどこから出てくるか楽しみました。

いろいろな物の後ろから出てくる先生の顔を見ながら、英語での方向に言い方を楽しんだ充実した時間となりました。

「進む勇気」──5年生席書き大会

記事画像1 記事画像2
1月11日(金)、3時間目に5年生が体育館に集まりました。全校のトップを切って、書き初めを書きます。

みんな真剣に「進む勇気」の4文字を書いています。先生の助言を受けながら、1字書いては立ち上がり、字形やバランスを確かめています。書き終わったときには、体育館に「進む勇気」が満ちあふれていました。

体育館は大型ストーブで暖めていましたが、屋外の寒さを忘れるくらいの子どもたちの真剣さです。

おもしろ理科教室2 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
特別授業として、偏光板を使って、光が屈折する様子を実験で調べたり、工場内の排水をどのように処理しているか教えていただいたりしました。

また、高所作業車に乗せてもらい、工場内を見学もさせていただきました。

子どもたちの感想
・実験をたくさんしてくれたり、工場の中や上からも見ることができたりして、楽しかったです。理科の知らないことがたくさん知れて、いい勉強になりました。
・日立オートモティブシステムズがどのようなことをしてどのように働いているかよくわかりました。

偏光板の方向で色が変わる様子(写真上)

工場内の排水処理の方法を実験で確かめている様子(写真中)

高所作業車に乗せてもらっている様子(写真下)

おもしろ理科教室1 6年生

記事画像1 記事画像2 記事画像3
12月20日に6年生が日立オートモティブシステムズ株式会社を訪問し、おもしろ理科教室の授業を受けてきました。

「環境に配慮したものづくり」というテーマに講義を受けたり、実験をしたり、工場見学をしたりと盛りだくさんの内容でした。

自動車の部品となる鉄は、余りも鉄粉の材料に使われていることや、金属を強くする方法を実際に子どもたちは実験で確かめながら、理解していきました。

講義を受けている子どもたち(写真上)

はじめは弱くてもろい鉄を確かめている様子(写真中)

ダンボールに枠組みを入れると強くなっていることを確かめている様子(写真下)