ひびきあう学校づくり

ひびきあう心

6年 しらべるクラブ 「茶道教室」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 2月15日(木)
 6年生としらべるクラブで地域の先生をお招きして茶道教室を行いました。
 「(おかしを)お召し上がりください。」  「いただきます。」
 お茶をたてるときには、茶せんという道具を使って、素早く抹茶と
お湯を混ぜていきます。子どもたちは、「手が疲れたぁ」と言いながら、
楽しそうに取り組んでいました。お茶の先生の手早さ、混ぜた後の泡立ち具合
に驚いていました。
 「(お茶を)お召し上がりください。」 「いただきます。」
 お茶碗の正面が相手に向くように、置くことが礼儀ということで、お茶碗を回してから飲んだり、返したりしていました。普段取り組むことのできない貴重な体験ができました。 

6年 せんみ凧揚げ大会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 2月14日(水)
 せんみ凧揚げ大会を行いました。子どもたちは今までお世話になってきたせんみ凧保存会の「師匠」の皆さんと自分らしく丁寧に仕上げてきた「せんみ凧」を澄み切った青空に舞い上がらせました。せんみ凧保存会のみなさんの協力を得て、とても貴重な体験ができました。

 全員で卒業制作として完成した「せんみ凧」を手にひたすら走りまくる子、コツを掴んで糸を引く技で上手に揚げる子、凧が傷つかないように糸を短く出して慎重に揚げる子、それぞれ凧揚げを楽しむことができました。

 当日は、せんみ凧保存会のみなさんとともに、厚木市長、教育長も来校し、玉小生に励ましの言葉を送るとともに、子どもたちと一緒に凧を揚げていました。校庭には保護者の姿もあり、子どもたちの様子を見守るとともに、凧のアドバイスする様子もありました。

 師匠のみなさま、市長の小林様、教育長の曽田様、保護者のみなさま、どうもありがとうございました。

3学期のあいさつ運動、実行中

記事画像1 記事画像2
全校 あいさつ運動(1学期)」「全学年 あいさつ運動(2学期)」と紹介してきましたが、玉川小学校では子どもたちの児童会が中心となってあいさつ運動を進めています。

3学期のあいさつ運動は2月13日(火)がスタートです。中心となるのは各学年合計30人、おそろいの黄緑色のジャケット(ビブス)を胸につけ、昇降口に並んで挨拶をしました。(写真上)

終わった後は反省会です。「声が小さかった」「もっと挨拶する」などの意見が交わされていました。(写真下)

子どもたちが主役の玉小です。

練習成果、発揮──長縄大会開催

記事画像1 記事画像2 記事画像3
どのクラスも練習の成果が現れています。もちろん、ときどき跳べない子もいましたが、級友からは「頑張れ!」「大丈夫!」などの応援を受けて、またチャレンジしていました。

閉会式では結果が発表され、全学級が体育委員会から表彰状を受け取っていました。

みんな、がんばったね。体育委員会のみなさん、ありがとう。

(写真1〜3枚目:各学級の様子 4枚目:閉会式)

みんなでジャンプ!──長縄大会開催

記事画像1 記事画像2 記事画像3
2月9日(金)の昼休み、玉小生が校庭に並んでいます。今日は、児童会体育委員会が長縄大会を開催するのです。「長縄跳び、練習中」でも紹介してきましたが、この日のために子どもたちはずっと練習をクラスで進めてきました。

開会式も体育委員の子どもたちが進行しました。挨拶や注意をしたあと、全員で準備体操です。

さあ、開始です!

(写真1枚目:開会式での準備運動 2〜5枚目:長縄を跳ぶ子どもたち)