ひびきあう学校づくり

ひびきあう心

正義の実現──5年生 「特別の教科 道徳」の授業

記事画像1
5年生の道徳の授業です。今日のテーマは「正義の実現」です。

教材を読み、「クラスの中のリーダー的な子からある子を無視するように言われた」場合、どうするか、みんなで考えました。「従ってしまう」「その子に注意する」「先生や友達に相談する」など、子どもたちから、いろいろな意見が出されていました。

もし自分だったらどうするか、子どもたちが「正義の実現」について真剣に考えた授業でした。

英語集会―タマゴリアン― 5/23

記事画像1 記事画像2 記事画像3
5月23日(水)、英語集会―タマゴリアン―が体育館で行われました。
クリスティン先生や新しく来た先生達とGreeting(あいさつ)した後、全校入り混じって、曲に合わせて楽しくGreeting(あいさつ)しました。

初めて参加した1年生も楽しそうに活動していました。

※一部の写真に加工を施しました

5〜6年生 玉小ソーラン──運動会への道(第48歩)

記事画像1 記事画像2 記事画像3
やっぱり、玉川小の6年生はすごい! そして、5年生もなかなかやる!

そんな感想を見ている人はみんな持ったことでしょう。5年生・6年生の玉小ソーランの発表です。

今年のテーマは「49人の力を見せつけろ!」です。確かに人数は多くありませんが、迫力と切れ味は十分にありました。19人の6年生が「私たちのソーランの仕上げだ」の想いを込めて踊れば、初めてソーランを演じる30人の5年生たちも一生懸命に踊りました。

踊りが終わると、5年生は6年生にハイタッチをして退場し、最後は6年生が観客に礼をします。大きな拍手が寄せられました。

また、この素晴らしい演技を目の前で見ようと、1〜4年生は応援席を離れ、本部テント前に整列して、圧倒されたように見ていました。きっと、この伝統をこれからも引き継ぐことでしょう。

気合いの入った応援合戦──運動会への道(第41歩)

記事画像1 記事画像2 記事画像3
お昼ごはんでおなかがいっぱいになると、種目再開です。

午後の最初は、紅白に分かれての応援合戦。「応援合戦は予行でも気合十分!──運動会への道(第12歩)」で紹介してきたように、1〜6年生が一丸となって練習を積み重ねてきました。

今日は本番です。応援団も力が入り、一人一人のやる気が見ている人にも伝わってきました。特に相手の良さを認めながら「それでも僕たち、私たちは負けないぞ!」と叫ぶ様子が、さすが玉小生です。

4〜6年生 綱引き──運動会への道(第34歩)

記事画像1
1〜3年生は合同で玉入れをしますが、4年生、5年生、6年生は綱引きで競います。

紅白2チームに分かれた4〜6年合同チームです。号砲とともに、声をかけながら力を合わせて綱を引きました。

1回戦目は白組の圧勝でした。場所を入れ替えて行った2回戦も、白が粘り勝ちしました。

綱引きでは白組の力強さが感じられ、また、それを称える紅組も立派でした。

※時間の都合で、PTA綱引きは午後に実施しました。