平成29年度厚木市立小鮎小学校経営プラン

学校経営方針


 小鮎小学校は、子どもたちが学ぶ楽しさを享受し、笑顔あふれる学校をめざし、一人一人の児童の尊厳と個性を尊重する。児童は基礎的学力と基礎的体力を身に付けるとともに、豊かな感性と正義感をもち、自分の考えをしっかりもてることをめざしたい。また、まわりの人に対して優しさと配慮ができるとともに、まわりの人から学ぶ心のしなやかさを備え、勇気と実行力を持つ大人に成長させたいと思う。子どもたちが、将来、良き家庭人・良き地域人・良き社会人として成長してくれることを願い、教師自らがその模範となり教育活動を積極的に実践する。
 そのために、本校の教師は子どもたちの心に寄り添い、全職員で協力して全児童の「健康な心と体の育成」をめざし、家庭・地域とさらに連携する。また、不登校ゼロ・いじめゼロをめざすとともに、授業をはじめとする教育活動及び、教育環境の改善に職員が一丸となって取り組む。


学校教育目標

『豊かな心と、たくましく生きる力をもった児童の育成』

こ:根気強く考える子         『意欲的に学び、自ら考え 進んで活動する子』【個の自立】

あ:明るく元気な子          『心身ともに健康で、たくましく生きる子』【健康な心と体】

ゆ:豊かな心で思いやりのある子 『人間性豊かで、思いやりのある子』【共生】

 


29年度教育スローガン

「意欲的に学び、たくましく 思いやりのある鮎っ子」 (全校用)

〜しっかりべんきょう げんきで やさしく〜 (低学年用)

 

重点指導事項

1.「意欲的に学び」

・【知】知力(C・A協同)
    学習意欲を向上させ、学ぶ楽しさを味わい、学力を向上させる。


  ○(間違えを大切にされる授業)自分で考えたこと、勇気をもって発言したこと、みんなが考える材料を与えてくれたことをほめる。子どもから出発する授業。教科指導の学び合い
  ○(家庭学習は学びの習慣化)家庭の理解と協力。高学年は自主学習もトライ
  ○(学力をつける責任)各学年の終了時には、その学年の基礎基本の定着
  ○(子どもは子どもから学ぶ)良いノートの展示、子ども授業参観
  ○(体験は一生忘れない)本物を見る。外部の人を呼んで話を聞く
  ○(これからを生きる子どもの)人権・キャリア・食育・情報・外国語・環境教育


2.「たくましく」

・【心】こころ(B・C・D共同)
    読書の習慣化と合唱への取組。じっくり落ち着いて考える。人の気持ちを感じ取れる子を育てる。


  ○(手には本)家庭読書・すきま読書の推進。一日一読
  ○(歌声響く学校)心にしみる歌は心を育む。音楽朝会、朝の会、一日一歌{ENT:gt}
  ○(うれしい声掛け)心に寄り添うカウンセリングマインド。一日一声
  ○(教室は間違えるところだ)いじめ根絶。自他を尊ぶ学級づくり


・【体】体力・命(D)
    年間を通した体力づくり、自転車ヘルメット着用・防犯ブザー所持100%をめざす。


  ○(「早寝・早起き・朝ご飯」)家庭の愛情のバロメーター。親業を促す
  ○(ゲーム・テレビ)健康上適切な視聴時間を決める。家庭の管理意識の向上
  ○(体力づくりと衛生管理)毎日の体を使ったあそび。良い姿勢・手洗い・うがい
  ○(交通・防災・防犯教育はいのちの教育)地震・火災・不審者対応訓練の充実


3.「思いやりのある」

・【活】積極性(B)
    学級づくりや学校づくり、行事へ児童を積極的に関わらせ、児童会活動など様々な場面をとらえて子どもの自主性を育てる。


  ○(児童を活かす)児童会・学年集会・学級会の活性化、リーダーの育成
  〇(教室は間違えるところだ)子どもが恥をかかない温かいクラスづくり


・【徳】社会性(B・D共同)
    人の痛みを感じ取れる子、人を励ます言葉を使える子、いじめを絶対に許さない善悪の区別のできる子。


  ○(相手の立場に立って考える)場に応じた言葉づかいとあいさつ(オアシスサ)
  〇(語り合う、みんなの気持ちを考える)道徳の時間や学級活動の時間の充実


4.「学校を開く」(A)


  ○(学校を伝える)学校公開・学校だより・HP・学校評議委員会
  〇(話しやすい学校・話しやすい先生)懇談会の充実・電話対応
  ○(チーム支援)要支援の子、定期ケース会議で親の安心感と見通しをもつ
  ○(教育のつながりを付ける)保・幼・中の職員と子どもの交流

【組織】 A・・・教育総務部
       B・・・児童指導支援部
       C・・・学力向上部
       D・・・健康安全部


学校経営プラン