校長あいさつ

はじめまして

学校長 冨岡 薫

4月1日、希望に燃えて、厚木市立清水小学校に赴任しました。
厚木市立清水小学校の長い歴史によって築かれた伝統を前学校長からバトンタッチしました。本校の【しみずっ子の光り輝く安心安全な学校】をしっかりと受け継ぎ、より前に進めるよう最善の努力をします。

 4月5日(木)143名の1年生をむかえ、889名の児童たちとともに平成30年度をスタートしました。1つ学年が上がり、新しい環境の中でどの子もやる気に満ちた瞳をしています。

最高学年となった6年生は、登校班の班長や入学式の案内や歌の披露をして活躍していました。また2年生から5年生も、新しい学年で真剣に話を聞き、学習に取り組む姿が見られます。1年生は、初めてのことに興味津々で取り組み、少しずつ学校に慣れてきた様子が見られます。

私は、常々、「生き生きとした子どもが育つ学校」でありたいという願いを持ってきました。先行き不透明ともいわれる未来を生きる子ども達に、幸福に力強く生きる力をつけていきたい。そう考えます。そのために、基礎的な学力の定着を基盤として、「主体的対話的で深い学び」を通して、日々変化する生活に対処できる力をつけることが必要です。子どもたちの一人一人のよさと可能性をより高め、『生き生きとした子どもが育つ安心安全な学校づくり』に力を尽くしてまいります。

また、平成29年度、学校運営協議会を設置しました。平成30年度はさらに熟議を深め、いよいよ本格的にコミュニティースクールとして、学校応援団の皆さまと共に「地域とともにある学校」「魅力的な学校」を目指します。

そして、今年度もISSの精神を継承し、子どもたちが安心して安全に生活できる学校環境づくりに取り組みたいと思います。

平成30年度も教職員一同心を新たにして、保護者や地域の皆さまからの信頼とご期待に応えられるよう、一丸となって努力してまいります。どうぞ皆さまのご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

清水小学校

学校経営に関する文書

配布文書はありません。

校長室からの最新記事

表示項目はありません。