校長あいさつ

学校外観

今年度もよろしくお願いします

校長  小林 正徳

 今年も体育館前のサクランボの樹にたくさんのサクランボが実りました。
   4月に入学してきた1年生は、学校生活にも慣れ、毎日元気に勉強したり遊んだりしています。入学式の時にお話しした、あいさつもとても元気にしてくれています。授業中も、静かに落ち着いて先生の話を聞いて学習しています。また、2年生以上の子どもたちも、新しいクラスの友だちや新しい担任と気持ちを新たに、落ち着いて学習に取り組んでいます。
 今年度は、児童数の多い5年生を3クラスにしました。しかし、そのための教員の配置はありませんので、昨年度まで、少人数指導をしていた教員を5年生の担任としました。その成果もあってか、どのクラスも落ち着いて学習に取り組んでいます。高学年として活躍してくれることを期待しています。
 1学期が始まって1ヶ月が過ぎました。各クラスの教室には、学校教育目標や、学年・学級目標とともに、子どもたち一人ひとりの1学期の目標などが書かれたカードが掲示してあります。このカードを見ていると、子どもたちがそれぞれ、どんな気持ちで学校生活を過ごしていこうとしているのかが見えてきて、とても、頼もしく感じます。子どもたちの「やる気」や「良さ」を伸ばしていけるよう、教職員も一丸となって支援していきたいと考えています。
 昨年11月に、「学校運営協議会」を発足しました。協議会の委員さんの顔写真が校長室前に掲示してありますので、ご来校の際は、ぜひご覧いただければと思います。具体的な取組については未定ですが、これから保護者の皆さまや、地域の皆様にお声かけをさせていただき、ご協力をお願いすることもあるかと思います。よろしくお願いします。
 また、皆様からも、「こんなことなら学校に協力できるよ。」「子どもたちにこんなことを教えられるよ。」「力仕事なら手を貸せるよ。」などといったことがあれば、学校に連絡をいただければと思います。
 先日、不審者情報を一斉メールで流させていただきました。今回に限らず、このような情報提供については、被害にあった児童のこと、警察の捜査のことなど様々な配慮をしながら情報提供をさせていただいています。保護者の皆さまから「その後どうなったのか連絡がない。」とのお叱りを受けることもあるのですが、学校でも、警察からのはっきりした情報がない限りは、保護者の皆さまにお伝えすることができません。ご理解をいただきますようお願いいたします。また、併せて、情報がひとり歩きすることのないようご協力をお願いたします。

校長室からの最新記事