校長あいさつ

学校外観

第1回学校運営協議会1

北小コミュニティ・スクール

校長  小林 正徳

朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。なわとび旬間が始まり、子どもたちは、休み時間に校庭でなわとびをして体力つくりに取り組んでいます。

さて、学校だより等でもお知らせしているように、11月より「学校運営協議会」を組織し、コミュニティ・スクールとして、新たなスタートをきりました。学校運営協議会委員として、13名の方にご協力をお願いしました。教職員6名を含む19名で、北小コミュニティ・スクールを進めてまいります。保護者の皆さまをはじめ、地域の皆様の今まで以上のご協力をお願いします。

コミュニティ・スクールとは…(文部科学省ホームページより)

コミュニティ・スクールは、保護者や地域住民などから構成される「学校運営協議会」が設けられ、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べたりといった取組がおこなわれます。

学校運営協議会の主な役割として、
  ○校長が作成する学校運営の基本方針を承認する。
  ○学校運営に関する意見を教育委員会又は校長に述べることができる。
  ○教職員の任用に関して、教育委員会規則に定める事項について、教育委員会に意見を述べることができる。
の三つがあります。

これらを通じて、保護者や地域の皆さんの意見を学校運営に反映させることができ、自分たちの力で学校をより良いものにしていこうとする当事者意識が高まり、継続的・持続的に「地域とともにある、特色ある学校づくり」を進めることができます。

11月16日(木)に第1回学校運営協議会を開催させていただきました。会議の中では、「地域の教育力をもっと学校に活用していったらどうか。」「自分から進んであいさつができるようにするにはどんな取り組みをしたらよいか。」「自転車の乗り方や交通ルールを身に付けさせるためにはどうしたらよいか。」など、様々なご意見をいただくことができました。これから学校運営協議会で話し合いをし、皆様にご協力をいただくこともあるかと思いますがよろしくお願いします。

校長室からの最新記事

表示項目はありません。