読書月間中の6月29日に先生方による「読み聞かせの会」が行われました。

「読みきかせの会」では、先生方が事前に本を選びます。 先生方が選んだ本から聞きたい本を児童が自分で選びます。
どの先生が何の本の読み聞かせを行うかは当日まで秘密です。
  
当日、児童たちは指定された教室に行き、先生を待ちます。
  
児童たちは、どの先生が教室に来て読みきかせをおこなってくれるのか、わくわくしながら待っていました。

*************************************************************************************

★ 読みきかせで使われた本のタイトルと選んだ理由(1〜3年生) ★

本のタイトル 選んだ理由
いちがんこく  
ろくべえ まってろよ ろくべえを助けようと一生懸命な子ども達。知恵を出して助けることができた時は、「やったぁ」と一緒に喜んでしまいます。
くまの しんぶんきしゃ この絵本を作っているこんのひとみさんがとても好きで、新しい絵本が発売されると読んでいます。相手の話を聞いてあげるだけで、元気にさせてしまうことがあるんだ、と思うことができる本です。
キツネのおとうさんがニッコリわらっていいました キツネのおとうさんがニッコリわらって、「きょうはおいしいブタのごちそうだぞ」といいました。はりきって、ブタのまちにやってきたお父さんでしたが…。みやにしたつやさんの本は他の絵本もおもしろいです。是非読んでみてください。
たまごにいちゃんぐみ 「たまごにいちゃん」シリーズの1冊です。1年生に4月に「たまごにいちゃん」を読みきかせして楽しかったので、シリーズを読みました。他にもあるので読んでください。
ビロードうさぎ 心から大事にされたおもちゃは、本当の物になる魔法が使えます。この本は、ビロードのうさぎが本当の物になるお話です。みんなの大切なおもちゃを思い出して読んでほしいです。
キャベツくん 絵が面白くて、楽しい本だからです。キャベツくんが、いろんな動物をキャベツにしてしまうところが見どころです。
ニャーゴ 猫とネズミのやりとりが、とてもほのぼのとして楽しいお話なので選びました。
おうさまはケーキだいすき ケーキが好きな人はいますか?先生も大好きです。このお話はケーキが大好き過ぎる王さまが主人公です。王さまはケーキばかり食べているうちに…?是非読んでみてね!
さびしがりやの ほたる 私は、エリックカールの絵とお話が大好きです。たくさんあるエリックカールのお話の中でも、この本を選んだのは、これからホタルが見られる季節になるからです。
しっぱいのれんしゅう 遊びの下手なまい子は、けん玉に挑戦します。りすの子が頑張ったように、まい子も失敗を恐れず、けん玉発表に頑張ります。あなたは失敗をしたことがありますか?
先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子

*************************************************************************************

★ 読みきかせで使われた本のタイトルと選んだ理由(4〜6年生) ★

本のタイトル 選んだ理由
21世紀に生きる君たちへ 将来、日本だけでなく世界中の国々や出来事にも興味をもつ人になってもらいたくて、ワールドカップの話からこの本を使って話しました。
まんじゅうこわい 高学年でも何かいい絵本はないかと探したら、「まんじゅうこわい」が出てきました。落語のおもしろさを知ってもらえたらいいなと思い選びました。l
大地震が学校をおそった  
日本のふしぎ話 たくさんの短いお話がのっている本です。中でも「小さな猟犬」という話が面白いと思ったので選びました。さむらいや動物、鬼、てんぐなどがでてくるお話もあります。
あるひ あひるが あるいてると みなさんは、「あ」のつく言葉をいくつ知っていますか。「あ」のつく言葉ってこんなにたくさんあるんだぁ、とこの本を読んでびっくりしました。しりとりに役にたつかも…。
鼻がにげた ある朝、お父さんの鼻がなくなっていた!?そんなビックリする展開にドキドキわくわくします。鼻の行方がとっても気になるおもしろくて楽しい物語です。あなたの鼻はだいじょうぶかなあ?
雲の上の村 みなさんに長い文章の本を読んでもらいたいと思ったので選びました。物語ということもあって、みなさんが興味を持って欲しいと思い読みました。
八郎 八郎がどんどんむきむきと大きくなっていく。それは、強くなることよりも優しくなること。人のために役に立つこと。そこに感動しました。
きつねの窓 不思議なお話です。指で窓をつくるといろいろなものが見えてきます。窓に写るものは、写した人の大切なものです。みなさんの窓にはどんなもの、だれが写るのでしょうか?
のはらうた くどうなおこ(工藤直子)さんの詩集です。のはらからうたがきこえてきそうなほのぼのとした詩がいっぱいつまっています。私の一押しは、【かまきりりゅうじ】の詩です。他にも【かたつむりでんきち】や【こねずみしゅん】【こぶたはなこ】などもあります。
くまのこうちょうせんせい 作者のこんのひとみさんの講演(お話)を聞いて、是非読みたいと思いました。実在の校長先生のお話です。「生命には限りがあるけれど、精一杯生きたとしたら、その人はずっとだれかの心の中で生きていられる」これを子ども達に伝えたいと思い、選びました。
先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子先生方の読み聞かせの様子