校長あいさつ

学校長写真

依知南小学校長
中川 洋太

平成30年度は、80名の1年生を迎え、総勢505名の児童で学校生活がスタートします。色とりどりの花が咲く中、子ども達は大きな期待とちょっぴりの不安を胸にかかえ、新年度を迎えています。これまでの伝統をしっかり引き継ぎ、新たなスタートを踏み出していきたいと思います。

学校経営・運営では、この3年間「創」「拓」「遊」をキーワードにして、「地域とともにある学校」「開かれた学校」づくりを行なってきました。特に「学社融合」の発想を積極的に取り入れた『+αの教育』活動を展開してきました。教育の領域は、「家庭・地域」「学校」に分けられていて、それぞれが、それぞれの役割をしっかりこなしていく事が最も大切なことですが、時に両者が目標を共有して実践を行うことで(融合)、これまでにない力が培われてきます。昨年度は、この『+αの教育』をさらにバージョンアップするために、学校運営協議会を発足させ、コミュニティースクールとなりました。保護者・地域の方と教職員が一体となった学校運営を行っていきたいと考えています。

また、これまで同様、学校内での出来事や経営・運営方針などの基本的な考え方などは学校HPや学校だよりで積極的に発信し、より理解が深まるようにしていきます。

平成30年度も、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。