厚木小歴史写真館

 玄関の屋根が宮大工でできているのが特徴です。
 この校舎は、関東大震災により倒壊した。

校歌碑

百年讃歌の碑

厚木小学校も被害をうけた関東大震災

大正12年9月1日、関東大震災がおこり、校舎が崩れ壊れた。この日は各学校の2学期の始業式が行われ、式が終えて生徒たちがかえる頃は、雨も止んで空はからりと晴れて残暑の太陽が地上を照りつけていた。厚木小学校の始業式を終えた高等科一年の生徒が3人帰り道をさぼって、校庭のまわりの用水堀で魚をとっていると今までになく大漁で、たちまちバケツがとじょうやうなぎでいっぱいになった。あまりの大漁におどろいている瞬間、突然大地がゆれだした。水平動から上下動に変わって生徒たちはあぜ道をころげ続けた。小学校の屋根瓦はものすごい大音響で落ち建物は次々と倒壊をしてゆく。それも一瞬の出来事で生徒たちの耳にはわからなかった。関東大震災はここに起きた。

小学校は、体育館と新2教室を残して倒壊してしまった。(創立100年誌より)

倒壊した校舎1 倒壊した校舎2
倒壊した校舎3 倒壊した校舎4

古い校舎から新しい校舎への引越し

古い校舎は、今のサティがある場所にあった。新しい校舎は、現在の場所である。