いんさつ まえ つぎ
小田急(おだきゅう)本厚木駅(ほんあつぎえき)
ナベトロで砂利(じゃり)本厚木(ほんあつぎ) 
 
小田原急行鉄道(おだわらきゅうこうてつどう)大正(たいしょう)12年(1923年)に創立(そうりつ)され昭和(しょうわ)2年(1927年)に小田原線(おだわらせん)として開通(かいつう)しました。(新宿(しんしゅく)〜小田原間 82.8 km(キロメートル))
人をのせる目的(もくてき)でつくられましたが、相模川(さがみがわ)砂利(じゃり)を運ぶために利用(りよう)されたこともあるそうです。
関東大震災(かんとうだいしんさい)(大正12年)の復旧(ふっきゅう)、そして高度経済成長(こうどけいざいせいちょう)と、建設(けんせつ)ラッシュのため、東京は、多くの砂利を必要(ひつよう)としました。
相模川から「相模厚木(さがみあつぎ)」駅(今の本厚木駅)まで、ナベトロに砂利をのせて運んでいたそうです。そのため、相模川の砂利はとりすぎで採取禁止(さいしゅきんし)にもなったぐらいです。


コットンコットン
のどかにゆっくり走るトロッコの兄貴分(あにきぶん)です。
相模川から「相模厚木」駅へ川の砂利を(はこ)びました。
新宿(しんしゅく)に砂利を運んで都市(とし)復興(ふっこう)寄与(きよ)した(わけ)です。
もしかして新宿の古いビルには相模川の砂利が使(つか)われているのかもしれません。


(なつ)かしのナベトロ(昭和10年)
 
 ページトップ
いんさつ まえ つぎ
2004-2005© 厚木市教育研究所