いんさつ まえ つぎ
まゆのまち
厚木(あつぎ)のまゆ検定所(けんていじょ)外観(がいかん) 
 
こうした光景(こうけい)は、養蚕(ようさん)(さか)んなところではしばしば見られました。
明治時代中期(めいじじだいちゅうき)から、津久井(つくい)八王子(はちおうじ)絹織物(きぬおりもの)地場産業(じばさんぎょう)として発展(はってん)し、厚木は(まゆ)をそのまま出荷(しゅっか)するところとなりました。今の厚木中央公園(あつぎちゅうおうこうえん)あたりに、繭の民間貯蔵倉庫(みんかんちょぞうそうこ)取引所(とりひきじょ)があり、あちこちから仲買人(なかがいにん)がセリの日に、買い()けに来ました。(とお)くは諏訪(すわ)(長野県)などからもやってきたそうです。


今も桑畑(くわばたけ)荻野(おぎの)依知(えち)方面に(のこ)ってるね。
(むかし)は、ちょっとした(おか)斜面(しゃめん)には桑畑(くわばたけ)があったんだ。
定期市(ていきいち)には、各地(かくち)からまゆを買いつけに来たんだ。遠く諏訪や横浜(よこはま)からも、厚木にまゆを買いつけに来たそうだよ。
まゆ検定所(けんていじょ)はその品質(ひんしつ)を検定していたところだったんだ。


神奈川県繭検定所(昭和初期(しょうわしょき)
 
 ページトップ
いんさつ まえ つぎ
2004-2005© 厚木市教育研究所